【必読】配線設計とは? 必要な資格と取得のコツも徹底解説します!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電化製品を快適・安全に使うためには、適切な配線が必要不可欠です。しかし、配線に関する正しい知識を持っていることが条件と言えます。では、配線設計を行うためにはどんな知識や資格が必要なのでしょうか。今回は、配線設計について詳しく解説するだけでなく、必要な資格と取得のコツなどについても解説します。

  1. 配線設計とは
  2. 配線設計に関する資格について
  3. 電気工事士について
  4. 電気主任技術者について
  5. 配線設計に関するよくある質問

この記事を読むことで、配線設計の基本がわかり、必要な資格取得に向けて適切な準備を進めることができます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。


1.配線設計とは

最初に、配線設計の基本として、どんなところで必要か・仕事の詳細などについて詳しく解説します。

1-1.配線とは

配線とは、電気設備および通信設備に導線を接続して電流や通信信号を伝えるようにすることです。配線がなければ、電気設備や通信設備を使いたい場所で使うことが困難になります。屋内配線・屋外配線ともに、適切かつ合理的に行うことで各種設備を快適に使うことができるのです。

1-2.配線はどんなところで必要か

配線は、電気設備や通信設備を必要とする場所ならどこでも必要です。どんなに優れた設備も、配線による電源供給があるから使うことができます。電気設備や通信設備には、配線は欠かすことができないものであり、重視するべきものなのです。

1-3.配線設計の仕事について

配線設計の仕事について、主な職場や仕事内容・メリットを学びましょう。

1-3-1.配線設計の主な職場

配線設計は、電気設備を扱う企業が主な職場となります。たとえば、以下のようなところです。

  • 電気設備会社
  • 電気工事会社
  • 電気管理会社
  • 家電メーカー
  • IT機器販売会社
  • 建築会社

1-3-2.配線設計の仕事内容

配線設計の仕事内容は、主に以下となります。

  • 照明・スイッチ・コンセントなど各種電気設備の配置設計
  • 配線工事の指示・監督
  • 配線の保守および交換

1-3-3.配線設計のメリット

配線設計は、電気設備を合理的に配置し、使い勝手を高めることができる点がメリットです。いい加減に配置していては、配電線が絡み見た目にもスマートではありません。また、ほこりがたまりやすくなり、電気設備がショートする原因にもなります。配線設計は、電気設備を快適で安全に使用することができる点でも大きなメリットと言えるでしょう。