電験3種に合格するための勉強法や勉強時間を確保する方法は?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

就職や転職のために、資格を取っておこうと考えている方は多いです。
資格にはいろいろなものがありますが、電気に関係する資格は有資格者の需要も高く、人気があります。
そこで、今回は第三種電気主任技術者(電験3種)に合格するための勉強法などをご紹介しましょう。
電験は、人気もありますが合格率は低く難関資格です。
ですから、勉強方法を工夫したり勉強時間を確保したりすることが大切になります。
電験3種の資格取得に挑戦したいという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

目次

  1. 電験3種とはどんな資格?
  2. 電気主任技術者の就職先とは?
  3. 電気主任技術者の試験内容とは?
  4. 電験3種に合格するための勉強方法とは?
  5. おわりに

1.電験3種とはどんな資格?

電気主任技術者、略して電験とは一定の電圧を超える電気を取り扱っている事業所の電気節を、保安監督できる資格です。
公共の施設や商業施設、さらに工場や発電所などは毎日たくさんの電気を使います。
また、不特定多数の人が出入りする施設で、もし電気のトラブルが起きたらけが人が出たり施設が使用できなくなったりすることもあるでしょう。
日本の電気設備はレベルが高く、故障しにくいです。
しかし、毎日使い続けていれば劣化もします。
ですから、法律によって電気主任技術者の専任が定められているのです。

12