電験3種の試験はどんな問題が出る?勉強のポイント・コツを解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

世の中にはいろいろな資格があります。その中でも電気に関するものは需要も高く、取得しておけば就職や転職に役立つでしょう。そんな電気に関する資格の中でも、「電気主任技術者」は人気が高いのです。

そこで今回は、電験3種の勉強法についてご紹介します。電験3種とは、第3種電気主任技術者の略です。いったいどのような問題が出て、どのように勉強すれば合格しやすいのでしょうか?答えは、この記事を読めば分かります。電験3種にチャレンジしたい方は必見です。

  1. 電気主任技術者とはどんな資格?
  2. 電気主任技術者の資格を取得する方法
  3. 電験3種の勉強方法
  4. おわりに

1.電気主任技術者とはどんな資格?

電気主任技術者とは、事業用電気工作物の工事、維持および運用に関する保安、監督を行える資格です。事業用電気とは、一般家庭以外で使われている電気のこと。商業用の店舗から発電所のような施設までさまざまです。一般的に、これらの施設では普通の家庭より多くの電気を使います。

また、建物内に張り巡らされている電線も複雑です。さらに、電気設備が故障すれば多くの方に影響があるだけでなく、けが人が出たりほかの施設や一般のご家庭に影響が現れたりすることもあるでしょう。だからこそ、有資格者が定期的に点検する必要があるのです。

なお、同じように電気に関する資格の中に電気工事士があります。こちらは、電気工事はできますが、電気工事を監督することはできません。ですから、電気主任技術者は電気工事士たちを監督できる立場になれるのです。

12