電験3種の講習会とはどんな内容?講習を受ける方法は?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

第3種電気主任技術者、別名電験3種は、業務用電気工作物の工事や維持、保安の監督を行える資格です。
電気に関する資格の中では最も需要が高く、なおかつ受験資格もないので受験する方は多いでしょう。
そこで、今回は電験3種の講習についてご紹介します。
電験3種、講習会、でインターネットを検索するとたくさんのページがヒットするでしょう。
いったいどのようなことを行うのか?答えはこの記事を読めば分かります。
電験3種の講習会に興味がある方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 電験3種とはどんな資格?
  2. 電験3種の資格を取得するにはどうしたらいいの?
  3. 電験3種の講習会とは?
  4. 有意義に講習を受けるにはどうすればいいのか?
  5. 講習さえ受けていれば合格できるの?
  6. おわりに

1.電験3種とはどんな資格?

電験3種は、正式名称を第3種電気主任技術者といいます。
店舗や工場などの業務用電気工作物の管理や保安、そして工事の監督を行える資格なのです。
現在では、どのような建物でも電気が通っています。
一般住宅よりも、商業施設や工場、さらに発電所や変電所の方が電気をたくさん使っているでしょう。
このような場所で万が一、電気系統のトラブルがあった場合は大勢の方に影響が出ます。
そこで、電気主任技術者という電気の保安を行う専門家を選任し、電気機器の保守点検をするのです。
同じような電気に関する資格に「電気工事士」がありますが、電気工事士の場合、電気工事は行えても電気設備の保守点検は行えません。ですから電気主任技術者は電気工事士を束ねる立場にも建てるのです。
また、電気主任技術者は1種、2種、3種とありそれぞれに扱える電気設備が決まっています。
第3種は一番扱える設備の電圧が低いですが、それでも保守点検ができる設備は多いのです。