火力発電に使われる燃料の種類や特徴とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

私たちの生活になくてはならない電気。
その電気を作っている場所が、発電所です。
発電所には、原子力・水力・火力などの種類があります。
そこで、今回は火力発電所で使われる燃料の種類についてご紹介しましょう。
火力というからには火を起こさなければなりません。では、長時間効果力を維持し続けるにはどのような燃料が最適なのでしょうか? この記事では、燃料と電気代の関係についてご紹介します。興味がある方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 火力発電所の仕組みとは?
  2. 日本の火力発電の方法
  3. 電気代と燃料の関係
  4. 火力発電に変わる発電方法はあるの?
  5. 電力を安定して供給するためには?
  6. おわりに

1.火力発電所の仕組みとは?

火力発電所の燃料についてご紹介するために、まずはその仕組みをご紹介しましょう。
火力に限らず発電所というのは、何らかのエネルギーを利用して蒸気タービンを回し、その回転力を発電機に伝えます。
そうして電気を起こすのです。現代の生活は電気なしには成り立ちません。
ですから、発電機は24時間フル稼働の状態のところも珍しくないのです。
つまり、蒸気タービンを長時間安定して回転し続けるためには、エネルギーも長時間安定して提供し続けなければなりません。
現在は、太陽光や風力など環境に優しい発電設備もありますが、「安定した電力を長時間提供する」という条件をクリアできる方法は、やはり限られているのです。