電験3種の参考書の中で人気なものとは?選び方のコツはあるの?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電験3種は、電気関係の資格の中で最も需要が高いものです。
また、電気に関する資格は実務経験がないと受験資格が得られないものが多いですが、電験3種は誰でも受験できます。
ですから、毎年たくさんの人がチャレンジするでしょう。
そのため、参考書も数多く出版されているのです。
そこで、今回は電験3種の参考書で人気の高いものをご紹介していきます。
いったいどのような参考書が人気なのでしょうか?
また、独学とそれ以外の勉強方法の違いについてもご紹介していきます。
電験3種に挑戦してみたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 電験3種とはどんな資格?
  2. 電験3種の試験内容と合格率とは?
  3. 電験3種の勉強法とは?
  4. 独学の問題点と通信教育との比較
  5. おわりに

1.電験3種とはどんな資格?

電験3種とは、正式名称を電気主任技術者といい、電気設備の保守や点検さらに安全管理などを行える資格です。
電気設備は一般家庭だけでなく、商業施設や工場、さらに発電所など電気を作る施設には必ず設置されています。
また、一定の規模以上の電気設備を持つ場所には、必ず電気主任技術者の専任が必要です。
電気主任技術者は1種~3種まであり、電験の後に数字をつけて略されます。
電験3種は電気主任技術者の中では、最も保守点検ができる範囲が狭いですが、受験資格は必要ないのです。
ですから、まず電験3種の資格を取得してから上位の資格を目指す方も少なくありません。

12