電験3種の参考書の中で人気なものとは?選び方のコツはあるの?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電験3種は、電気関係の資格の中で最も需要が高いものです。
また、電気に関する資格は実務経験がないと受験資格が得られないものが多いですが、電験3種は誰でも受験できます。
ですから、毎年たくさんの人がチャレンジするでしょう。
そのため、参考書も数多く出版されているのです。
そこで、今回は電験3種の参考書で人気の高いものをご紹介していきます。
いったいどのような参考書が人気なのでしょうか?
また、独学とそれ以外の勉強方法の違いについてもご紹介していきます。
電験3種に挑戦してみたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 電験3種とはどんな資格?
  2. 電験3種の試験内容と合格率とは?
  3. 電験3種の勉強法とは?
  4. 独学の問題点と通信教育との比較
  5. おわりに

1.電験3種とはどんな資格?

電験3種とは、正式名称を電気主任技術者といい、電気設備の保守や点検さらに安全管理などを行える資格です。
電気設備は一般家庭だけでなく、商業施設や工場、さらに発電所など電気を作る施設には必ず設置されています。
また、一定の規模以上の電気設備を持つ場所には、必ず電気主任技術者の専任が必要です。
電気主任技術者は1種~3種まであり、電験の後に数字をつけて略されます。
電験3種は電気主任技術者の中では、最も保守点検ができる範囲が狭いですが、受験資格は必要ないのです。
ですから、まず電験3種の資格を取得してから上位の資格を目指す方も少なくありません。

2.電験3種の試験内容と合格率とは?

電験3種は、理論、法規、電力、機械の4科目を受験し、それぞれ6割の点数を取れば合格できます。
4科目のうち1科目でも6割を下回った場合は不合格になりますが、6割を上回った学科は翌年の受験が免除になるのです。
免除期間は3年ですので、数科目ずつ取得していく方も少なくありません。
また、合格率は年々低下しておりここ数年は20%前後を推移しています。
これは、試験が難しくなったせいもありますが、受験者が増えたせいでもあるのです。
難易度は普通よりもやや難し目。
電気関係の仕事についていたり、電気工事士の資格を持っていたりすれば勉強もしやすいですが、全く知識がない状態から受験する場合は、半年以上の勉強が必要でしょう。

3.電験3種の勉強法とは?

この項では、電験3種を独学で勉強するためにお勧めの参考書などをご紹介します。
電験3種の参考書はたくさん出版されていますが、初心者にはどれがお勧めなのでしょうか?

3-1.電験3種の参考書の種類とは?

電験3種の参考書の種類は、それぞれの科目ごとの解説と過去問、そしてその年の解答速報の3種類があります。
科目ごとの解説書は4科目が1冊にまとまったものもあれば、1科目ずつ別れているものもあるのです。
4科目が1冊になったものは、電気の知識がある程度ある人向き。
科目ごとに分かれているものは文系の仕事をしていた人や、初心者向きといわれています。
これはほぼそのとおりでしょう。
1科目ごとに分かれているシリーズは、「マスターシリーズ」「これだけシリーズ」などの人気が高いです。
電験3種のお勧め参考書を紹介しているサイトでも、これらを勧めているものが多いでしょう。
また、さらに初心者向けの参考書として数学だけを抜き出したものなどがあります。
何を選ぶのかは個人の自由ですが、初心者ほど図が多く理解しやすいものがよいでしょう。

3-2.過去問と参考書をくりかえし勉強する

独学をする際におちいりやすい問題として、「参考書を買っただけで満足してしまう」というものがあります。
特に、電験3種は4科目もあるので、それぞれの参考書を買っただけでちょっとした量になるでしょう。
それを机の上に積んでおくだけで、何だか勉強したような気になってしまう方もいるかもしれません。
しかし、当然ですが買っただけではダメです。
参考書を読んで理解した気分になったら、過去問を解いてみましょう。
理解しているのならば解けるはずです。
もし、分からなかった場合はまだ理解していないということ、もう一度参考書を勉強しなおしましょう。
このように参考書を読んで過去問を解く、このくりかえしが実力をつける近道です。

3-3.隙間時間をうまく使おう

電験3種は、幅広い年代が受験します。
最年少は高校生。最年長は還暦を超えた方もいるでしょう。
学生ならばまとまった時間を勉強に充てることができます。
しかし、仕事をしながら勉強するとなると、まとまった時間はなかなか作れません。
仕事から帰った後は、参考書を開くのすらおっくうになることもあるでしょう。
この場合は、通勤時間や昼休みの時間など、隙間時間をうまく使って勉強してください。
通勤時間が1時間あった場合は、参考書に目を通すだけでも勉強になるでしょう。
また、昼休みを10分使えば、過去問の一題も解けるはずです。
年齢が上がるにつれて集中力は持続しにくくなりますから、細切れ勉強の方が力はつくこともあります。

4、独学の問題点と通信教育との比較

では最後に、独学の問題点と通信教育の比較についてご紹介します。
独学でつまずくのはどのような人なのでしょうか?
また、通信教育の魅力についてもご紹介します。

4-1.独学の問題点とは?

電験3種は暗記と計算力、そして応用力と幅広い力が必要です。
電気の知識がある方ならば、公式はある程度頭に入っていますし計算も理解しやすいでしょう。
しかし、全く知識がない場合は、暗記だけで手いっぱいという方も多いと思います。
また、電気関係には公式がたくさんあり、どの公式をどの問題に当てはめてよいか分からない方もいるでしょう。
つまり、知識を蓄えても応用する力がなかった場合はそこでつまずいてしまいます。
また、4科目のうち1科目が極端に苦手だったりするとその1科目のせいで合格できない、ということもあるでしょう。

4-2.通信教育の魅力とは

通信教育の場合は、参考書を買うよりもお金がかかります。
しかし、その代わり模擬テストを添削してくれたり、メールで質問が送れたりするのです。
昔は通信教育の質問というと回答を得るまでに時間がかかりました。
しかし、現在ではメールを使いますから、すぐに返事が返ってくるでしょう。
そのため、タイムラグがないので疑問がすぐに解消できます。
特に、初心者ほど質問ができることはありがたいでしょう。
つまずいているところが分かるだけでも、理解力アップにつながります。

5.おわりに

いかがでしたか?
今回は電験3種にお勧めの参考書についてご紹介しました。
電験3種は受験科目も多く、1年で合格するのは至難のわざといわれています。
また、暗記科目だけでなく計算力も問われるので、長らく数学から遠ざかっていた方はつらいでしょう。
しかし、電験3種を合格したければ計算力や応用力をつけなければいけません。
そのために、自分にあった参考書を探してください。
特に、電気の知識が全くない方は分かりやすい参考書を探すことが大切。
また、参考書だけでなく通信教育も視野に入れてみてください。
参考書よりもお金はかかりますが、その分サポートも手厚いです。
特に、DVD式のテキストがついているところは、耳でも知識を得られます。
そのため、勉強できる時間もより増えるでしょう。
目よりも耳から知識を得た方がよく覚えられるという方は、講義式のテキストがお勧めです。
昨年惜しくも不合格だったという方は、一度勉強の方法を見直してみましょう。