電験3種の合格率と確実に合格するための勉強方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

電験3種の資格保持者は、多くの企業が関心を持つ貴重な人材です。とはいえ、電験3種の合格率が低いため、電験3種を敷居が高い資格として敬遠している人も少なくありません。しかし、電験3種の試験はしっかりと勉強すれば合格することは可能です。それでは、電験3種の試験に合格の対策も含め、電験3種試験についての情報をご紹介します。

  1. 電験3種の合格率
  2. 電験3種の難易度
  3. 電験3種の勉強法

1.電験3種の合格率

1-1.合格率は低いのか

電験3種の試験について、合格率が年々低くなっているのは事実です。最近では、電験3種の試験の合格率が5パーセント代となったこともありました。しかし、「合格率が低いので難しい試験なのだ」と簡単に結論づけてはいけません。電験3種の試験は受験制限がないのがひとつの特徴です。そのため、電験3種の試験対策や科目についての勉強をしていない人が、受験しているケースもあります。いわば、「とりあえず受けてみている」という人がいるわけです。電験3種はとりあえず受けて、まぐれで合格するというような簡単なものではありません。また、勉強方法もしっかりと対策を練る必要があります。そのため、簡単に言えば、しっかりと試験対策を行い、勉強を計画的に行っている人しか合格できない試験です。そのため、真剣に試験に取り組もうと考えている人は、不必要に電験3種の合格率に恐れを感じる必要はありません。

1-2.科目合格率も確認しよう

電験3種の試験は4つの科目に分かれています。4つの科目について、3年以内にすべて合格点に達すれば、試験合格となるのです。そこで、どうぞ科目合格者と試験合格者の人数の比較も確認してください。科目合格者と試験合格者の割合を調べるなら、毎年、科目合格者の約2割が試験に合格しています。つまり、最終的に試験合格に至らなかった8割の人は、合格した科目以外の科目を翌年、また翌々年に受けて合格する確率が高いのです。1発で4科目すべてに合格する人は少ないでしょう。しかし、きちんと計画を立てるなら、2年か3年越しで試験合格するのは可能なのです。

1-3.合格率に振り回されない勉強方法

どのような試験も同様ですが、「難しい」と思って試験勉強を開始しないなら、当然合格はありません。公表している合格率の数字は低くても、まずは勉強をはじめる「やる気」が大切です。しっかりと勉強すれば確実に合格できます。はじめる意欲が何よりも大切なのです。また、1度や2度であきらめないことも必要でしょう。電験3種は、高圧の電気を扱う場所では必ず必要とされる資格です。一流企業が有資格者を募集するケースも多くあります。目標をしっかりと持ち、合格率に振り回されない勉強が大切なのです。

2.電験3種の難易度

2-1.科目ごとの難易度

電験3種の合格率は、最近は受験者の10パーセントほどになっています。しかし、科目ごとの合格率も確認するべきです。電気理論や電子理論についての試験となる理論科目の合格率は18パーセントほどになります。発電所や変電所の設計などが含まれる電力科目の合格率は19パーセントほどです。照明、機器などの機械科目の試験は、合格率に波がありますが、よいときは16パーセントほどの合格率となります。電気法規を含む法規科目は20パーセントほどです。つまり、科目ごとにはおよそ2割の合格者がいます。

2-2.難易度を見据えた合格計画

それぞれの科目の合格点は55点となります。つまり、合格点に達するほどの勉強を行うようにまんべんなく勉強しなければなりません。どの科目が得意かは人によってことなるでしょう。自分が弱い科目に力を注(そそ)ぎ、合格点に達するような勉強対策を練るのが大切です。同時に、電験3種は3年間で4科目に合格すればよいことになっています。そのため、最初から2年や3年で合格するための計画を立て、その年に集中する科目を決めておくのもよいでしょう。逆に言えば、素人の人が1発で合格するのは難しい試験です。5択から選ぶ試験ですが、まぐれが4科目で続く可能性は低いでしょう。しっかりした計画と対策が必要なのです。

2-3.過去問だけでは難しい

電験3種の試験傾向としては、知識を確認する試験というよりも、理解を試すような問題が多いのが特徴です。ですから、過去問対策を徹底的に行い、知識を増やしても、応用力や理解が不足しているなら、合格は見込めません。基礎をしっかりと理解するような勉強方法が大切なのです。試験対策の取り組みが一般の試験とはことなるのが、難易度が高くなる理由のひとつと言えるでしょう。

3.電験3種の勉強法

3-1. 試験の仕組みを知った対策

電験3種の勉強法としては、試験の仕組みを知った上での対策は欠かすことができません。電験3種の試験は、もともとは6つの科目に分かれていました。しかし、現在では、4つの科目に統合しています。それぞれの科目で合格点に達するには、4つの分野に分かれた対策だけではなく、6つの分野に分けた対策も必要なのです。簡単に言うならば、「ヤマ」をはらない総合的な勉強が必要であると言えるでしょう。また、それぞれの科目で合格点に達する必要があるため、得意科目で点数をかせぐことはできません。

3-2.3年で合格する計画

分かれた科目を平均的に学ぶことに難しさを感じるなら、2年か3年に分けて勉強をするのもひとつの方法です。科目ごとに集中して合格を目指すことになります。おすすめなのは、2年で合格計画として、2科目に集中することです。どれかひとつを落としたなら、3年目でのその科目の合格を目指します。そうすれば、科目ごとに集中するため、合格できる可能性も高くなるはずです。

3-3.独学では限界がある

電験3種の試験に合格するには、勉強方法の上手な対策がカギとなります。しっかりと試験の傾向と対策を検討しなければなりません。しかし、独学で傾向と対策を把握するには限界があります。そのため、プロが試験対策を分析し、過去問に頼らない勉強をすすめる方法がおすすめです。オンラインで活用できる講座なら、しっかりとした傾向と対策ができます。不明点は専門の講師に尋ねることができる、無料サポート体制のある講座がおすすめです。しっかりと講座を活用すれば、一発合格も夢ではありません。

まとめ

いかがでしたか?勉強方法さえしっかり確立するなら、電験3種の試験に合格するのは可能です。とはいえ、しっかりした対策がなくては、合格は難しいでしょう。傾向と対策をしっかりと練った、プロが対応する講座を活用するのがおすすめです。有資格者は大企業でも貴重な人材となります。確実な勉強で、電験3種に合格し、社会に貢献できるやりがいのある仕事を見つけましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

電験3種を最短合格!
DVD+スマホでいつでも学習出来る!30日間返金保証付!

SATの教材を使えば驚くほど短い学習時間で電験3種試験に合格できます。「学習時間の確保が難しい・・・」「勉強は苦手で・・・」など悩みの方に最適な教材です。 最短合格の秘密はこちら→

SATの教材を使い短期間で一発合格された受講生の声をご覧ください。受講生の皆さんが楽々試験をパスされていることが分かります。電験3種の資格取得するために苦労して勉強する必要はありません。あなたもSATの教材を使って楽々試験をパスしませんか?

業界初!安心のトリプル保証付き
1.全額返金保証!
2.合格するまでサポート無料!
3.長期破損保障!

最短合格の入り口はこちら