電験3種の合格率と確実に合格するための勉強方法

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電験3種の資格保持者は、多くの企業が関心を持つ貴重な人材です。とはいえ、電験3種の合格率が低いため、電験3種を敷居が高い資格として敬遠している人も少なくありません。しかし、電験3種の試験はしっかりと勉強すれば合格することは可能です。それでは、電験3種の試験に合格の対策も含め、電験3種試験についての情報をご紹介します。

  1. 電験3種の合格率
  2. 電験3種の難易度
  3. 電験3種の勉強法

1.電験3種の合格率

1-1.合格率は低いのか

電験3種の試験について、合格率が年々低くなっているのは事実です。最近では、電験3種の試験の合格率が5パーセント代となったこともありました。しかし、「合格率が低いので難しい試験なのだ」と簡単に結論づけてはいけません。電験3種の試験は受験制限がないのがひとつの特徴です。そのため、電験3種の試験対策や科目についての勉強をしていない人が、受験しているケースもあります。いわば、「とりあえず受けてみている」という人がいるわけです。電験3種はとりあえず受けて、まぐれで合格するというような簡単なものではありません。また、勉強方法もしっかりと対策を練る必要があります。そのため、簡単に言えば、しっかりと試験対策を行い、勉強を計画的に行っている人しか合格できない試験です。そのため、真剣に試験に取り組もうと考えている人は、不必要に電験3種の合格率に恐れを感じる必要はありません。

1-2.科目合格率も確認しよう

電験3種の試験は4つの科目に分かれています。4つの科目について、3年以内にすべて合格点に達すれば、試験合格となるのです。そこで、どうぞ科目合格者と試験合格者の人数の比較も確認してください。科目合格者と試験合格者の割合を調べるなら、毎年、科目合格者の約2割が試験に合格しています。つまり、最終的に試験合格に至らなかった8割の人は、合格した科目以外の科目を翌年、また翌々年に受けて合格する確率が高いのです。1発で4科目すべてに合格する人は少ないでしょう。しかし、きちんと計画を立てるなら、2年か3年越しで試験合格するのは可能なのです。

1-3.合格率に振り回されない勉強方法

どのような試験も同様ですが、「難しい」と思って試験勉強を開始しないなら、当然合格はありません。公表している合格率の数字は低くても、まずは勉強をはじめる「やる気」が大切です。しっかりと勉強すれば確実に合格できます。はじめる意欲が何よりも大切なのです。また、1度や2度であきらめないことも必要でしょう。電験3種は、高圧の電気を扱う場所では必ず必要とされる資格です。一流企業が有資格者を募集するケースも多くあります。目標をしっかりと持ち、合格率に振り回されない勉強が大切なのです。

12