電験3種を取得したい方必見! 仕事内容や年収について徹底解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

就職や転職のために資格を取得しよう、と考えている方は多いでしょう。
そんな方に人気の資格のひとつが電気主任技術者。通称電験です。
1種~3種までありますが、特に3種は受験資格がいらないので、誰にでもチャレンジできます。
ですから、若い方だけでなく年配の方も受験する方がたくさんいるのです。
そこで、今回は電験3種の仕事内容や年収をご紹介しましょう。
電験3種の試験内容は、決して飛び抜けて難しいわけではありません。
しかし、独学で勉強するとなるとなかなか大変です。
仕事内容や年収が分かれば勉強のモチベーションにもなるでしょう。
電験3種の資格取得を目指している方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 電験3種とはどのような資格?
  2. 電気工事士と電気主任技術者の違いとは?
  3. 電気主任技術者の仕事内容と年収とは?
  4. おわりに

1.電験3種とはどのような資格?

電験3種とは、正式名称を第三種電気主任技術者といいます。
電気主任技術者は、1種~3種までありますから、その中の一番下に当たるのです。
電気主任技術者になると、工場や商業施設にある高圧受電設備の保守・管理が行えます。
人が長時間過ごす建物には、電気設備が欠かせません。
また、大勢の人が利用したり大型の機械を動かしたりする場所ほど、高圧受電設備が必要です。
高圧受電設備は法律により定期的な保守、点検が義務づけられています。
つまり、高圧受電設備を備えている施設は電気主任技術者に保守や点検を依頼しなくてはならないのです。
電験3種の資格取得者が扱えるのは、電圧5万ボルト未満の電気工作物(出力5,000キロワット以上の発電所を除く)の工事、維持及び運用する設備になります。
これは、大型の発電所や工場以外の施設は大体当てはまるでしょう。
ですから、電験3種を持っていれば、マンション、商業施設、工場など多くの場所の高圧受電設備の保守点検を行えます。
もちろん、保安設備会社の求人も多いでしょう。
また、ビル管理の仕事も電験三種の資格を持っていると有利です。

12