汽力発電の仕組みや特徴とは?メリット・デメリットもご紹介します。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

汽力発電とは聞きなれない名前ですが、水蒸気の力を利用してタービン発電機を回し、電力を得る方法です。
火力発電所や原子力発電所では、この方法で電気が作られています。
そこで、今回は汽力発電の特徴や仕組みをご紹介しましょう。
汽力発電の歴史は古く、その原理が考え出されたのは2000年以上も前のことです。
ですから、それだけ優れた出力システムではありますが、デメリットもあります。
今回は汽力発電のデメリットや、その補い方などもご紹介しましょう。
電気主任技師の資格取得を目指している方も、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 汽力発電とは?
  2. 汽力発電の仕組みとは?
  3. 汽力発電の出力と損失について
  4. 汽力発電のメリット・デメリットとは?
  5. 汽力発電以外の発電方法とは?
  6. おわりに

1.汽力発電とは?

汽力発電とは、蒸気の膨張力を利用してタービンを回して電気を発電する方法。
と言うと、何やら難しそうに思われますが、蒸気機関車と大まかな仕組みは一緒です。
蒸気機関車は、石炭を燃やして水を沸かして蒸気の力でピストンを動かします。
汽力発電は、そのピストンがタービンに変わっただけなのです。
汽力発電の原理が考え出されたのは19世紀の頃。
ほかの発電方法よりも少ない熱量で大きな出力を得られるということで、現在でも世界中の発電所で行われています。
ちなみに、水を沸かして蒸気を作るためには燃料が必要です。
石炭や石油などを使う場合は火力発電になり、原子力を使うと原子力発電になります。