必見!電気の保安管理とは?電気監理技術者など関連する資格をご紹介

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

発電・受電・送電・配電など電気を使う工作物・設備はきちんと専門知識を持っている人が扱わなければなりません。電気は感電・火災の恐れがあるため、知識を得ていない人が管理すると事故につながります。また、自家用電気工作物は工事・維持・運用が法律で決められているのです。そのため、正しく安全に扱うには、‟電気の保安管理”について知らなければなりません。そこで、本記事では電気の保安管理とは何なのか、電気監理技術者など関連する資格について詳しく説明します。

  1. 電気の保安管理とは
  2. 電気の保安管理ができる資格について
  3. 電気管理技術者について
  4. 電気管理技術者の資格のメリット
  5. 電気管理技術者と主任技術者の違い
  6. 電気主任技術者の資格について
  7. 電気の保安管理と資格に関してよくある質問

この記事を読むことで、電気の保安管理を深く知ることができます。電気の保安管理について知りたい方はもちろんのこと、関連する資格を取得したい方は必見です。


1.電気の保安管理とは

安全・安心に電気設備を利用するには、「電気の保安管理」をきちんと理解することが大切です。電気の保安管理とは一体どんなものなのか、詳しく見ていきましょう。

1-1.準拠する法律

電気の保安管理を定めている法律は「電気事業法」です。電気事業法は昭和39年7月11日に施行されました。電気事業および電気工作物の保安の確保について定められている法律です。電気事業法に加え、電気用品安全法・電気工事士法・電気工事業法を総称して「電気保安四法」と呼ばれています。

電気事業法

1-2.保安管理の対象とは

主に、保安管理の対象は受変電設備になるでしょう。電気を扱う設備は、電気事業法にもとづいた取り扱い・管理が必要不可欠になります。そのため、電気の保安管理をするには「電気事業法」もしっかり把握しておかなければなりません。また、高圧受電設備などの自家用電気工作物などは、電気事業法によって保安規程を定めることが義務づけられています。保安規程だけでなく、電気主任技術者の選任が必要です。

1-3.保安管理の内容

保安管理は、電気設備の安全を守るために「点検」と「検査」をおこないます。責任者・使用者が定めた保安規程に従っての点検・検査をおこなうことで、不具合箇所の早期発見や予防保全につなげられるのです。

1-4.外部委託とは

電気設備の保安管理は、使用者が責任を持たなければなりません。しかし、選任すべき電気主任技術者がいない場合、きちんと管理できる者がいないですよね。そこで、電気事業法の「保安管理業務外部委託承認制度」が適用されます。保安管理業務を外部へ委託する方法です。外部の委託先は、個人事業者か、または保安法人になります。

1-5.年次点検とは

保安管理業務の点検は、日常の巡視点検・定期点検があります。年次点検は定期点検の1種であり、1年に1回おこなう点検のことです。年次点検での注目ポイントは、「設備に対する異常の有無」になります。主に、非常用予備発電装置が正常かどうか、蓄電池設備が劣化していないかなどを調べる作業です。