必見!電気の保安管理とは?電気監理技術者など関連する資格をご紹介

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

発電・受電・送電・配電など電気を使う工作物・設備はきちんと専門知識を持っている人が扱わなければなりません。電気は感電・火災の恐れがあるため、知識を得ていない人が管理すると事故につながります。また、自家用電気工作物は工事・維持・運用が法律で決められているのです。そのため、正しく安全に扱うには、‟電気の保安管理”について知らなければなりません。そこで、本記事では電気の保安管理とは何なのか、電気監理技術者など関連する資格について詳しく説明します。

  1. 電気の保安管理とは
  2. 電気の保安管理ができる資格について
  3. 電気管理技術者について
  4. 電気管理技術者の資格のメリット
  5. 電気管理技術者と主任技術者の違い
  6. 電気主任技術者の資格について
  7. 電気の保安管理と資格に関してよくある質問

この記事を読むことで、電気の保安管理を深く知ることができます。電気の保安管理について知りたい方はもちろんのこと、関連する資格を取得したい方は必見です。


1.電気の保安管理とは

安全・安心に電気設備を利用するには、「電気の保安管理」をきちんと理解することが大切です。電気の保安管理とは一体どんなものなのか、詳しく見ていきましょう。

1-1.準拠する法律

電気の保安管理を定めている法律は「電気事業法」です。電気事業法は昭和39年7月11日に施行されました。電気事業および電気工作物の保安の確保について定められている法律です。電気事業法に加え、電気用品安全法・電気工事士法・電気工事業法を総称して「電気保安四法」と呼ばれています。

電気事業法

1-2.保安管理の対象とは

主に、保安管理の対象は受変電設備になるでしょう。電気を扱う設備は、電気事業法にもとづいた取り扱い・管理が必要不可欠になります。そのため、電気の保安管理をするには「電気事業法」もしっかり把握しておかなければなりません。また、高圧受電設備などの自家用電気工作物などは、電気事業法によって保安規程を定めることが義務づけられています。保安規程だけでなく、電気主任技術者の選任が必要です。

1-3.保安管理の内容

保安管理は、電気設備の安全を守るために「点検」と「検査」をおこないます。責任者・使用者が定めた保安規程に従っての点検・検査をおこなうことで、不具合箇所の早期発見や予防保全につなげられるのです。

1-4.外部委託とは

電気設備の保安管理は、使用者が責任を持たなければなりません。しかし、選任すべき電気主任技術者がいない場合、きちんと管理できる者がいないですよね。そこで、電気事業法の「保安管理業務外部委託承認制度」が適用されます。保安管理業務を外部へ委託する方法です。外部の委託先は、個人事業者か、または保安法人になります。

1-5.年次点検とは

保安管理業務の点検は、日常の巡視点検・定期点検があります。年次点検は定期点検の1種であり、1年に1回おこなう点検のことです。年次点検での注目ポイントは、「設備に対する異常の有無」になります。主に、非常用予備発電装置が正常かどうか、蓄電池設備が劣化していないかなどを調べる作業です。

2.電気の保安管理ができる資格について

電気の保安管理ができる資格は、主に電気工事士・電気主任技術者・電気工事施工管理技士・建設設備士・技術士(電気・電子)などがあります。それぞれの大まかな概要を以下にまとめてみました。

  • 電気工事士:電気工作物の工事ができる資格
  • 電気主任技術者:発電所や変電所など電気工作物の維持・管理・運用ができる資格
  • 電気工事施工管理技士:電気工事をするうえでの施工や安全管理・施工計画を立てる資格
  • 建設設備士:建築士に対して建築設備の設計・工事監理に関する助言ができる資格
  • 技術士(電気・電子):科学技術に関する高度な専門知識を持った技術士

3.電気管理技術者について

電気管理技術者は、電気の保安管理に携わる大切な役職です。一体、どんな役職になるのか、詳しくチェックしておきましょう。

3-1.資格概要

電気管理技術者は、自家用電気工作物の電気保安に関する業務をおこなう個人事業者を指しています。自家用電気工作物の所有者は、電気管理技術者との契約によって電気主任技術者の選任が電気事業法で義務づけられているのです。資格試験はありませんが、電気管理技術者になるには6つの要件を満たす必要があります。6つの要件は以下のとおりです。

  • 電気主任技術者免状の交付を受けていること
  • 第一種電気主任技術者は3年、2種は4年、3種は5年の実務経験があること
  • 継続器試験装置や高圧検電器など機器器具を持っていること
  • 保安管理業務を実施する事業場の種類および規模に応じて算定した値が告示未満であること
  • 保安管理業務の適確な遂行に支障をおよぼす恐れがないこと
  • 電気事業法第53条5項により、取り消しを受けた者で取り消しから2年を経過しない者でないこと

詳細は、東京電気管理技術者協会のホームページをご覧ください。

東京電気管理技術者協会

3-2.目的・必要性

事業者が設置する事業用(自家用含む)電気工作物の工事・維持・運用といった保安監督は、専門の知識を得た人だけができることです。電気管理技術者は電気の保安管理に関する知識を持っているあかしになります。正しい知識を得ているからこそ、所有者は電気管理技術者に任せられるのです。

3-3.職務

電気管理技術者の主な業務は、電気工作物の設置に関する審査やアドバイスから巡視・定期的におこなう点検など幅広いです。トラブルが起きた際の応急処置や事故原因の調査・再発防止に対する対策もおこないます。

4.電気管理技術者の資格のメリット

電気工作物・設備に関する仕事に就く方は、電気管理技術者の資格を取得したほうがいいでしょう。それほど、電気管理技術者は役立つ資格です。では、一体どんなメリットがあるのでしょうか。

4-1.就職先

電気管理技術者はいわゆる自営業です。個人事業者を指しているため、所有者・事業所から委託を受けて電気の保安管理をおこなうことになります。専門の知識かつ実務経験がある資格になるので、所有者・事業所は安心して委託できるでしょう。「電気管理技術者」という肩書きだけでもメリットは大きいです。

4-2.求人

求人をチェックしてみると、電気管理技術者を募集している大手企業は多いです。無資格者よりも有資格者である電気管理技術者は、就職・転職に役立ちます。一生、この仕事をやっていきたいと考えている方は、ぜひ電気管理技術者を目指してください。

4-3.資格手当

資格を取得していると、「資格手当」が支給されます。資格手当とは、従業員が資格を取得した場合、または資格を取得しようとする場合に企業から支払われる手当のことです。会社・企業によって異なりますが、資格手当はおよそ5,000円~数万円になります。

4-4.年収

電気管理技術者の年収は、およそ700万~1,000万円です。開業した電気管理技術者の場合、1年目の収入は低いですが、3年目・5年目と軌道に乗り始めると収入が1,000万円以上にあがる可能性もあります。

5.電気管理技術者と主任技術者の違い

あなたが目指している仕事で働くためには、電気管理技術者と主任技術者の違いをきちんと把握しておかなければなりません。それぞれ、一体どんな違いがあるのでしょうか。

5-1.電気主任技術者とは

電気管理技術者になるには、「電気主任技術者」の免状交付が必要不可欠です。電気主任技術者とは、一体どんな資格なのか詳しく見ていきましょう。

5-1-1.概要

電気主任技術者は、受電設備や配線など電気設備の保安監督ができる資格です。社会的評価が高い資格といわれており、第一種~第三種の種類があります。資格の種類によって、取り扱うことができる電圧が異なるので要注意です。

  • 第一種:すべての事業用電気工作物
  • 第二種:電圧が17万ボルト以内の事業用電気工作物
  • 第三種:電圧が5万ボルト以内の事業用電気工作物

5-1-2.必要性

電気設備を設けている事業主は保安監督者として、電気主任技術者の選任が法令で義務づけられています。選任された電気主任技術者によって、電気設備が正しく稼働できるのです。電気設備の不具合が起きても、専門知識を持った主任技術者ならすぐに対処できます。トラブル防止のためにも、主任技術者が必要です。

5-1-3.職務

電気主任技術者の主な仕事は、「電気設備の点検・保安・修理」「電気工事の監督」になります。中でも最も大切な仕事が電気設備の点検・保安です。施設が大きくなるほど設備も大きくなり、電気系統が複雑化します。そのため、毎日点検をおこない異常がないかどうか確認しなければなりません。

5-2.電気管理技術者との違いは?

電気管理技術者の認定を受けると、外部委託により個人で電気保安業務を請け負うことができます。電気保安法人として電気法業務を営むことも可能です。しかし、電気主任技術者は個人で保安業務を請け負うことはできません。そのため、会社・企業の一員として働くことになります。外部委託の請負が個人でできるかどうかが、大きな違いになるでしょう。

6.電気主任技術者の資格について

それでは、電気主任技術者の資格について詳しく見ていきたいと思います。資格の取得を考えている方は、ぜひチェックしてください。

6-1.受験資格

通称「電験」と呼ばれている電気主任技術者は受験資格がありません。年齢・性別・学歴問わず、誰もが受験できる資格になります。

6-2.試験概要

第一種~第三種と全部で3種類ある電験の試験概要について詳しく見ていきましょう。

6-2-1.試験地・試験日程

第一種の試験地は、札幌・仙台・東京・名古屋・石川・大阪・広島・高松・福岡・沖縄の10か所です。第二種第三種は同じ日に電気技術者試験センターの各支部(27か所ほど)で実施されています。試験日程は第一次試験と第二次試験にわかれており、第一種と第二種の一次試験が9月上旬ごろ、二次試験が11月下旬ごろです。第三種は一次試験だけで、9月上旬ごろ実施されます。

試験日程ページ

6-2-2.申込方法

申込方法は「インターネット申込」か、または「郵送申込」になります。インターネット申し込みの場合、ホームページから申し込みをしてください。そして、受験料を銀行振込・クレジットカード決済・コンビニエンスストア・ペイジー決済のいずれかを選択して支払います。郵送の場合は、ゆうちょ銀行で受験案内・申込書に含まれている「払込取扱票」と受験手数料を一緒に窓口へ提出する方法です。受験案内・申請書の配布状況は、電気技術者試験センターで確認してください。

電気技術者試験センター

6-2-3.受験料

受験料は資格の種類と申込方法によって異なります。

  • 第一種:インターネット申し込み 12,400円/郵送申し込み 12,800円
  • 第二種:インターネット申し込み 12,400円/郵送申し込み 12,800円
  • 第三種:インターネット申し込み 4,850円/郵送申し込み 5,200円

6-3.試験内容

試験内容は一次試験が4科目でマークシート方式、二次試験が2科目で記述方式になります。出題範囲は以下のとおりです。

<一次試験>

  • 理論:電気理論・電子理論・電気計測および電子計測
  • 電力:発電所および変電所の設計および運転・送電線路および配電線路の設計・運用・電気材料
  • 機械:電気機器・パワーエレクトロニクス・電動機応用・照明・電熱電気化学・電気加工・自動制御・メカトロニクスならびに電力システムに関する情報伝送および処理
  • 法規:電気法規および電気施設管理

<二次試験>

  • 電力・管理:発電所および変電所の設計および運転・送電線路および配電線路の設計・運用・電気施設管理
  • 機械・制御:電気機器・パワーエレクトロニクス・自動制御およびメカトロニクス

6-4.難易度・合格率

国家資格の1つである「電気主任技術者」の難易度は「やや難しい」から「普通」です。近年の合格率を見てみると、第一種・第三種ともに2~4%前後、第三種は10%前後になっています。合格率を見るだけで難しい試験だとわかるでしょう。

6-5.勉強法・学習のコツ

合格率が低い試験なので、毎日コツコツと勉強する必要があります。しかし、仕事と勉強の両立は思っているより大変です。スクールにかようのも1つの方法ですが、受講時間が決まっているので仕事で参加できなくなる日もあるでしょう。また、独学は自分でわからないところを解消しなければなりません。そこで、おすすめしたいのが「通信講座」です。SATの通信講座は試験の重要ポイントを押さえている‟テキスト”と‟DVD学習”で勉強ができます。動画教材はスマートフォンでも再生できるので、移動時間やあき時間も勉強に充てられるでしょう。さらに、わからないところがあればメールで先生に質問することも可能です。ぜひチェックしてみてください。

SATの通信講座

7.電気の保安管理と資格に関してよくある質問

電気の保安管理と資格に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

7-1.電気保安協会とは?

日本国内に10か所ある一般財団法人電気保安協会です。主に、電気設備の安全点検や企業向け電気設備保安・監視などをおこなっています。

7-2.電気の保安管理をしないとどうなるのか?

電気設備の不具合やトラブルが起こりやすくなります。また、法的にも罰則の適用対象になるでしょう。事故が起きた際の全責任は使用責任者にかかります。

7-3.保安規程の記載事項とは?

保安規程は、電気設備の安全確保に関する具体的な事項を記載します。たとえば、保安に関する業務の運営管理体制・保安教育・工事の計画および実施・保守・災害対策などです。

7-4.電気設備の技術基準とは?

発電用設備・原動機などの電気工作物をのぞく電気工作物の技術基準です。電気設備を設計・施工するための最低限ルールが記載されています。

電気設備の技術基準

7-5.電気主任技術者の認定とは?

法定に定められた学歴と実務経験を満たすと、国家試験を受けることなく免状が取得できる認定制度です。認定制度に関しては、以下の日本電気技術者協会のホームページをご覧ください。

日本電気技術者協会

まとめ

いかがでしたか?電気の保安管理は、電気工作物の点検・保安をおこなう大切な作業です。大事故・大けがにつながる電気設備だからこそ、専門知識を持った有資格者が正しく管理していかなければなりません。専門知識を習得するためにも、資格取得に向けての勉強を始めましょう。特に、専門学校でも推進されている電気主任技術者は社会的評価が得られる資格です。合格率は低いですが、毎日勉強を続けていけば取得できます。専門知識を習得して、電気主任技術者の経験を積んでいきましょう。