第二種電気工事士の技能試験とは? 実技の勉強方法やコツを徹底解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電気工事士とは、その名の通り電気に関わるさまざまな工事を行える資格です。一般住宅から高層ビルまで、電気工事を行わずに建物を完成することはできません。また、家電の設置以外の電気工事を無資格者が行うことはできないので、資格を取得すれば転職や就職に大変有利です。

そこで、今回は第二種電気工事士の資格を取得する方法を技能試験の勉強方法を中心に、ご紹介しましょう。

  1. 電気工事士とはどのような資格?
  2. 第二種電気工事士の特徴
  3. 第二種電気工事士の試験について
  4. 技能試験対策の方法
  5. 第二種電気工事士の技能試験に関するよくある質問

実技の試験は一見すると勉強が難しいように思えますが、この記事を読めば勉強の方法やコツがよく分かります。第二種電気工事士の資格取得を目指している方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.電気工事士とはどのような資格?

はじめに、電気工事士の資格概要や取得をするとできることなどをご紹介します。資格を取得するとどのようなメリットがあるのでしょうか?

1-1.電気工事士の資格概要

電気工事士とは、一般住宅や商業施設・工場などで電気工事を行える資格のことです。電気工事は、正しく行わなければ漏電事故や火災の原因となります。ですから、無資格者はたとえ有資格者の監督下でも電気工事は行えません。必ず資格が必要です。また、電気工事士の資格を取得して実務経験を積めば、ネオン工事や非常用予備発電装置の工事などを行う専門の資格も取得することもできます。

1-2.電気工事士の種類

電気工事士には、一種と二種があります。一種は、二種が行える電気工事に加えて最大電力500kw未満の工場やビルなどの電気工事を行える資格です。二種は、一般住宅や小規模な店舗などの600V以下で受電する設備の工事を行うことができます。

一種の方が行える電気工事の種類が多いのですが、一種を取得するためには一定期間の実務経験が必要です。そのため、まずは第二種電気工事士の資格を取得し、実務経験を積んでから第一種の資格を取得しましょう。

また、電気主任技術者の資格を取得して一定の実務経験を積んでも、第一種電気工事士の資格を取得できます。

1-3.資格を取得するメリット

電気工事士は、建築やリフォーム工事の際には欠かせません。また、電気の配線が故障した場合などの修理も資格がなければできないのです。資格を取得しておけば、いろいろな工事現場で働くことができるでしょう。また、ビル管理の仕事に就く場合は電気工事士の資格を取得していると簡単な電気関係の修理ができるということで、重宝されます。就職だけでなく転職にも有利です。

また、電気工事士の資格を取得していると実務経験を積めば、ネオン工事や非常用予備発電装置などを工事ができる資格を取得することもできます。さらに、電気主任技術者という高電圧受電設備を保守管理する資格にチャレンジする際、無資格者よりも合格しやすいでしょう。