電気主任技術者の難易度や合格率はどのくらい?効果的な勉強方法は?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア
勉強風景

電気主任技術者とは、店舗や工場さらに発電所など高電圧の受電設備を保守監督ができる資格です。

たくさんの人が利用する施設ほど使用する電気の量も多くなります。ですから、電気主任技術者を必要としている施設はたくさんあるのです。では、電気主任技術者の合格率はどのくらいなのでしょうか?

そこで、今回は電気主任技術者の合格率や難易度をご紹介します。電気主任技術者の資格を取れば、就職や転職をする際に有利です。しかし、だからといって簡単に取れるものなのでしょうか?答えはこの記事を読んでいただければ分かりますよ。


  1. 電気主任技術者とはどんな資格?
  2. 電気主任技術者になる方法や難易度とは?
  3. 電気主任技術者の試験勉強の方法とは?

1.電気主任技術者とはどんな資格?

電気主任技術者とは、事業用電気の工事、維持および運用に関する保安の監督ができる国家資格です。略して「電験」ともいわれ、1種~3種まで種類があることから「電験」の後に数字を付けて呼ばれることが一般的。
事業用電気とは店舗や工場、さらに変電所や発電所で使用する電気設備のことです。このような事業所では、一般家庭以上に電気を使います。ですから、保守点検にも有資格者が必要なのです。ちなみに、同じ電気系統の資格である電気工事士は、電気設備の工事はできますが保安の監督はできません。混同しないように注意しましょう。

12