マイクロ波加熱の知識ならおまかせ!原理や特徴を徹底解説します!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電子レンジで食品を温めることができるのは、マイクロ波加熱の原理を利用しているからです。
今回は、マイクロ波加熱の原理や特徴について詳しくお話しましょう。

  1. マイクロ波加熱の原理を学ぼう!
  2. マイクロ波加熱の特徴は?
  3. マイクロ波加熱の注意点を確認!
  4. まとめ

マイクロ波加熱について詳しい知識を身に付けたい場合は、この記事を参考にすると良いでしょう。


1.マイクロ波加熱の原理を学ぼう!

まずは、マイクロ波加熱の原理を学びましょう。
どうしてマイクロ波で、物体が温まるのかについて解説しますね。

1-1.マイクロ波加熱とは?

マイクロ波加熱とは、マイクロ派を照射することによって加熱する方法。
マイクロ波加熱を導入したものの代表的な例には、電子レンジを挙げるとわかりやすいでしょう。
マイクロ波とは周波数が300メガヘルツから300ギガヘルツの電磁波で、電波法で電子レンジ用に使用することが許可されていることを知っておきましょう。
温めたい対象物にマイクロ波を照射すると、短時間で効率良く加熱ができることから多くの場面で利用されています。

1-2.マイクロ波加熱で温まる理由

対象物にマイクロ波を照射すると、内部の分子が振動をして摩擦熱を発生します。
つまり、分子同士の摩擦熱によって、物が温まると覚えてください。
摩擦を行うと熱が発生することについては、皆さんも手を擦(こす)り合わせてみるとわかりやすいでしょう。

1-3.分子が自由に動いている物が温まる理由

マイクロ波で加熱できる物の特徴としては、分子が自由に動いていることが条件となります。
たとえば、水分を含んでいたり液体の状態の物だったりするとマイクロ波加熱ができるでしょう。
しかし、たとえば分子が自由に動いていない場合は、温めることはできません。
マイクロ波を照射しても、分子が動かないことには摩擦熱が発生しないからです。
コップに入れた飲み物は温まるのに、コップが温まらない理由はここにあると言えるでしょう。

12