知るべき水力発電の特徴や仕組み~メリット・デメリットとは?~

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「水力発電」は水力を利用して発電する方法を指しています。
水力発電の歴史はとても長いものです。日本でも古くから使用してきた発電方法になるでしょう。
これから、水力発電の特徴や仕組み、水力発電のメリット・デメリット、水力発電の発電量や効率について詳しく説明します。
電気主任技術者(電検)の3種資格取得を目指している人は、ぜひ参考にしてください。

  1. 水力発電の特徴や仕組み
  2. 水力発電のメリット・デメリット
  3. 水力発電の発電量や効率
  4. まとめ

1.水力発電の特徴や仕組み

発電の種類は火力や原子力、風力などさまざまな種類があります。
日本における発電はほとんどが原子力発電です。
しかし、地震の影響によって自然エネルギーを活用した風力・水力発電が注目をあびています。
そこで、特徴や仕組みについて説明していきましょう。

1‐1.水の流れを利用している発電力

水力発電の特徴は「水の流れを利用していること」です。
昔から山や川のある場所で水力発電を使用してきました。
水力発電と聞けば、水車やタービンをイメージする人は多いでしょう。
まさに、水車は水力発電の基本です。
水車の下に水を流して水力によってまわしています。水車をまわすことで発電できる仕組みになっているのです。
水があるからこそ、水車は自然とまわることができます。
また、発電用水車と発電機が組み合わさっているものが「水車発電機」です。
水力発電所は原子力や火力発電よりも設置費用がかかりません。
さらに、自然エネルギーを活用しているため、環境にやさしい発電方法といえるでしょう。

1‐2.「落差」を有効活用している水力発電

水力発電は「落差」を活用しています。
太陽光や風力発電と同じく、再生可能エネルギーの1つです。
再生可能エネルギーでも落差を利用しているのが「水力発電」の特徴でもあります。
水が落下する力はとても大きいものです。水の落下によって風車がまわり続け、電力がたまります。
水が落ちるところであれば水車が設置できるでしょう。
よって、水力発電は幅広い範囲で設置可能です。
また、風力や太陽光よりも安定した供給を得ることができます。
太陽は日中にしか、風力には風のない日は電力をためることはできません。
一方、水力発電は水の落差だけあれば発電できるでしょう。

1‐3.日本の水力発電所

日本にはたくさんの水力発電所があります。特に最も多いのが北海道や福島です。
北海道・福島には数ある水力発電所の中でも大規模施設があります。
北海道は自然が豊かなので水力発電の基盤となる河川がそろっているのです。
逆に、岩手や宮城などにある水力発電所は規模が小さめの施設ばかりになります。
水力発電は日本各地にありますが、各地にある水力発電の規模が大きく異なるのです。水の落差を利用すればどこでも発電できるでしょう。
しかし、水力発電にもデメリットや問題点があるので注意しなければなりません。
水を上手に利用するためには、デメリット・問題点を把握する必要があります。

12