電気工事士の工具とは? 実技に用意すべき種類や試験について

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電気工事士は、オフィスビルや商業施設・工場などの電気設備の工事ができます。電気工事を行うためには、電気工事士の資格を取得しなければなりません。資格試験には、筆記試験と実技試験があり、実技は自分で用意した工具を使用することになります。事前に、試験内容をきちんと把握しておかなければ、必要な工具を用意することができません。そこで、本記事では、電気工事士の工具や実技試験・購入方法・資格取得のためのポイントについて説明します。

  1. 電気工事士の工具について
  2. 電気工事士の実技試験と工具について
  3. 電気工事士の工具購入について
  4. 電気工事士資格取得のためのコツ・ポイント
  5. 電気工事士の工具に関してよくある質問

この記事を読むことで、電気工事士の実技試験に必要な工具について知ることができます。資格取得を考えている方は、ぜひ参考にしてください。


1.電気工事士の工具について

電気工事士の資格試験には、筆記試験と技能試験があります。筆記試験に合格した者は、技能試験に使う工具を準備しなければなりません。電気工事士の工具とは、一体どのようなものなのでしょうか。

1-1.電気工事士の工具とは

電気工事士は、電気工作物の工事を行う資格です。電源から各機器につなぐためにケーブルを切断したり、銅線と銅線を圧着したりするために工具を使います。工事の内容やシーンによって、さまざまな種類の工具を使い分けることになるでしょう。主な使い分けは、以下のとおりです。

  • 絶縁電線・ケーブルの被覆をはぎ取る場合:電工ナイフ、ケーブルストリッパーなど
  • 電線を接続する場合:リングスリープ用圧着工具、圧着端子用圧着工具、手動油圧式圧着器など
  • 電線・電線管などを切断する場合:ペンチ、ケーブルカッター、パイプカッターなど
  • 電線管を曲げる場合:パイプベンダ、トーチランプなど
  • 削る場合:クリックボール、やすりなど
  • 穴を開ける場合:電動ドリル、羽根ぎりなど

ほかにも複数の種類があります。ただし、電気工事士の技能試験に使う工具は、決められているので注意が必要です。技能試験の工具に関しては、【2-3.どんな工具が必要か】で説明するので、ぜひチェックしてください。

1-2.使用目的・場所

電気工事を適切かつ素早く行うために、工具が必要です。人の手ではできないことも、工具を利用すれば難なくすることができます。電気工事に用いる工具は、それぞれ使用するシーンがあり、目的を持っているのです。また、工具を使用する場所は、電気設備のある場所になるでしょう。たとえば、オフィスビルや商業施設・工場などにある大型電気設備や、一般家庭におけるエアコンなど冷暖房機器などです。

1-3.種類

電気工事に必要な工具を、以下にピックアップしてみました。

  • 電気工事士の腰道具:腰ベルト・ペンチ・ドライバー・ニッパー・電工ナイフ・メジャーなど
  • 電動工具(充電工具):充電ドライバー・パワーカッター・電動ハンマー・ハンマードリルなど
  • 切削工具:ホールソー・ステップドリル・塩ビカッター・タップダイスなど
  • 通線工具:ケーブルクリップ・ジャッキー・通線オイル・ロープなど
  • 電線接続工具:圧着ペンチ・圧着工具・ケーブルストリッパー・ケーブルカッターなど
  • エアコン取りつけ工具:フレアツール・銅管カッター・コアドリル・トルクレンチ・リーマ―など
  • 締めつけ工具:モンキーレンチ・フレックスラチェットレンチなど