電験に挑戦する方必見!理論の参考書・テキストの選び方を解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電験(電気主任技術者)は、大型商業施設・ビル・工場などに設置されている高圧受電設備の保守・管理を行える資格です。高圧受電設備の定期点検は法律で義務付けられているので有資格者の需要は高く、就職先もたくさんあります。年を取ってからも活躍できる職場が多いので、中高年になってから資格を取得する方も珍しくありません。電験の試験は、理論・電力・機械・法規の4科目があります。

今回は、倫理のテキストや参考書の選び方、勉強の仕方をご紹介しましょう。

  1. 電験の理論とは?
  2. 理論の学習方法
  3. 理論の参考書・テキストの選び方
  4. SATの教材について
  5. 理論の参考書・テキストに関するよくある質問

自分にぴったりの参考書やテキストの選び方が分かれば、勉強もぐっとはかどります。電験にチャレンジするという方や、参考書を探している最中の方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.電験の理論とは?

はじめに、理論の概要や難易度などを紹介します。いったいどのような科目なのでしょうか?

1-1.理論の内容

電験の理論は、目に見えない電気の流れを数字で表わす科目です。中学や高校の物理で電流に関する方程式を学んだという方もいるでしょう。理論はそれがより高度になった学問と考えれば分かりやすいと思います。理論の試験で出される問題の8割は計算問題です。ですから、電気の知識はもちろんのこと、数学の知識や計算能力も求められます。高校2年生程度の数学が問題なく解けるようでしたら、理論の勉強はそれほど難しくはないでしょう。中学や高校で数学が苦手だったりほとんど忘れていたりする場合は、理解に時間がかかりますので早めに勉強を始めてください。

1-2.理論は最初に勉強を始める科目

理論は「オームの法則」といった電気の基礎から公式を使った計算問題まで範囲が広い科目です。また、理論で勉強する内容は他の科目を勉強するうえでも必要になります。理論の問題が理解できなければ、機械や電力も同じように参考書を読んでも理解できないでしょう。ですから、自分の実力や理解度を知る上でも、一番最初に手をつけてみてください。

1-3.理論の難易度はどのくらい?

電験に初めてチャレンジする方のほとんどが、電験3種取得を目指しているかと思います。電験三種の理論は、直流回路と交流回路の知識や微分・積分・三角関数といった知識がないと理解が難しい科目です。すでに電気工事士一種・二種といった電気関係の資格を取得している方は、電験3種の理論は理解しやすいでしょう。一方、中学や高校の物理で電気を勉強しただけ、という方は理解するまでに時間がかかる可能性があります。数学も苦手で電気の知識もほとんどないという方は、参考書を読んでもほとんど理解できないかもしれません。

このように、理論の難易度は数学や電気の知識があるかどうかで変わってきます。数学が苦手で電気の知識がないという人ほど早めに勉強を始めましょう。