【絶対合格】電気工事士資格を独学で取りたい人へ! コツを教えます!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電気工事士資格は、就職や転職に有利な資格として常に高い人気を誇ります。私たちの生活には、電気は欠かすことができないものです。そのため、あらゆる場所で電気工事を行う必要があります。電気工事士は、電気工事を行うためのプロです。また、資格取得者は、電気工事のプロとして就職や転職に有利になります。今回は、電気工事士資格を独学で取りたい人のために、必要な知識とコツを伝授しましょう。資格取得を考えている人は、必見ですよ。

  1. 電気工事士資格は独学で取得できる?
  2. 電気工事士資格の独学合格のコツを伝授!
  3. ​電気工事士資格の独学合格に関するよくある質問

この記事を読むことで、独学でも電気工事士試験に合格するためのコツがわかります。絶対に合格したい人には、有益な内容です。独学で合格をつかむためにも、試験の特徴を理解するほか、良い教材を選んで効率よく学習を進めましょう。記事の内容は、皆さんの学習を強力にバックアップすることばかりなので、ぜひ参考にしてください。


1.電気工事士資格は独学で取得できる?

電気工事士資格は、独学で取得できるのでしょうか。電気工事士に関する基本や資格試験の内容をふまえて考えてみましょう。

1-1.第一種と第二種の違いを理解しよう

第一種電気工事士と第二種電気工事士では、取り扱いの可能な電気工事の範囲が異なります。

  • 第一種電気工事士:最大電力500キロワット未満の自家用電気工作物に関する工事と一般用電気工作物に関する工事
  • 第二種電気工事士:一般用電気工作物に関する工事

2つを比較すると、第一種の方がより広範囲の電気工事を行うことができることがわかります。

1-2.電気工事士資格の試験内容について

電気工事士資格を取得するためには、国家試験に合格する必要があります。筆記試験と技能試験についてそれぞれ解説しましょう。

1-2-1.筆記試験

第一種・第二種ともに、マークシート方式で4択となります。試験時間は第一種が2時間20分・第二種が2時間です。試験科目に関しては、第一種が「電気に関する基礎理論」など9つの分野で、第二種が7つの分野となります。より詳しい内容に関しては、下記の受験案内を参考にしてください。

1-2-2.技能試験

電気工事士試験は、第一種・第二種ともに技能試験の合格が必要です。技能試験では、電線の接続や配線工事などの指定範囲の中から、すべてもしくは一部の内容が出題となります。配線図で与えられた問題を支給された材料と持参した作業用具によって解く形式です。ただし、筆記試験を突破もしくは免除を受けた人だけが技能試験に進むことが可能となります。筆記試験不合格者には、技能試験の案内がありません。

1-3.電気工事士資格の独学について

電気工事士は、理系でなくては無理なのではないかと考える人もいます。確かに、電気分野は物理の知識が必要です。独学で目指すにしても、理系が得意な人の方が試験に有利であることは、言うまでもありません。しかし、必ずしも理系を学んできた人だけの資格と考えないでください。まず、電気工事士には受験資格がありません。そのため、希望すれば誰でも受けることが可能なのです。実際に、文系の学科を学んできた人も多く受験しています。

1-4.電気工事士試験の難易度は?

電気工事試験の難易度を考える場合、合格率を参考にするのが最も確実です。平成28年度の試験について、それぞれ確認しておきましょう。なお、合格基準に関しては、60%以上の正解となります。

  • 第一種合格率(技能試験合格率):61.7%
  • 第二種合格率(技能試験合格率):73.4%

ただし、上記は技能試験の合格率です。つまり、筆記試験に落ちた人は入っていない数字となるので注意しましょう。実技試験を受ける人は、筆記試験を突破している時点で高いレベルの知識があるほか、実務経験も豊富であることが多いのです。

1-5.電気工事士資格は独学取得する人が多い? 理由は?

電気工事士資格は、独学で取得を目指す人が多くなります。電気工事の知識はテキストやDVDなどで学ぶことができるほか、技能試験に関しては実務を通じて身に付ける方が効率よく準備できるからです。今は、優れた教材がたくさんあるため独学で資格取得を目指しやすくなっていると言えます。

12