電気工事士の講習会って何? 受講が必要なのは一種? 二種?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電気工事士とは、電気工事を行う際に必要な資格です。工事の中には、有資格者の監督下であれば無資格者でも行うことができるものもありますが、電気工事は必ず資格を取得しなければ行うことはできません。電気工事士には第一種と第二種があり、第一種は資格取得後も定期的に講習会の受講が義務づけられています。

そこで、今回は電気工事士の講習会について解説しましょう。

  1. 電気工事士の基礎知識
  2. 電気工事士の講習について
  3. 電気工事士試験に合格するコツ
  4. 電気工事士の講習会に対するよくある質問

この記事を読めば、電気工事士を取得する方法も分かりますよ。電気工事士の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。


1.電気工事士の基礎知識

はじめに、電気工事士とはどのような資格かということを解説します。資格を取得するメリットはなんでしょうか。

1-1.電気工事士とは

電気工事士とは、前述したように電気工事を行うことができる資格です。電気工事とは、発電所から電気を各地へ分配する送電工事、送電された電気を使用する場所へ引き込む工事、屋内配線工事などさまざまな種類があります。建築工事やリフォーム工事では、ほぼ確実に電気工事も必要です。

電気工事は、電気工事法によって電気工事士しか行えないことになっています。無資格者を監督することはできません。

1-2.電気工事士の種類

電気工事士には、一種と二種があります。一種は、最大電力500kw未満の工場やビルなどの電気工事を行うことができる資格です。二種は、600V以下で受電する設備の工事を行うことができます。

一種、二種ともに資格試験に受験制限はありません。しかし、一種の免状は一定期間の実務経験がなければ交付不可です。ですから、電気工事未経験者は試験に合格しても、第一種電気工事士として働くことはできません。まず第二種を取得して実務経験を積んでから、第一種に挑戦する方法が一般的です。

1-3.電気工事士の資格を取得する方法

電気工事士の資格を取得するには、電気技術者試験センターが主催する試験を受けて合格する必要があります。第二種は、経済産業省が認定した認定校を卒業して取得する方法もありますので、認定校に通える方は通って取得してもよいでしょう。

試験は択一式の筆記試験と実際に電気工作物を組み立てる技能試験があり、筆記試験に合格した方だけが技能試験にチャレンジすることができます。技能試験だけ不合格になった場合は、翌年に限り筆記試験が免除されますので、このチャンスを逃さないようにしましょう。

1-4.資格を取得するメリット

電気工事は、電気工事士の有資格者しか行うことができません。また、電気工事士の資格を取得している方が講習を受けることにより、ネオンサインの工事や自家発電機の工事などを行うことができるようになります。前述したように、建設工事やリフォーム工事、家屋の修理工事を行う際に電気工事も必要です。取得していれば、いろいろな工事現場で活躍することができるでしょう。

また、電気工事の会社を起業することもできます。

12