電気工事士の筆記・技能試験対策!必要な知識や工具・試験概要とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「電気工事の資格が欲しい」「スキルアップしたい」など、電気に関する資格を取得しようか悩んでいる人は多いでしょう。電気工事士は電気を取り扱う仕事に必要な資格になります。電気に関する資格を取得したい方は種類や試験の日程、技能試験、取得要件など知識を身につけることが大切です。そこで、電気工事士とは何なのか、取得要件や試験概要・技能試験など詳しく説明します。

  1. 電気工事士とは
  2. 電気工事士の取得要件
  3. 電気工事士の試験内容
  4. 電気工事士の技能試験
  5. 電気工事士の試験概要
  6. 電気工事士資格取得のための勉強法
  7. 電気工事士の講習について
  8. 電気工事士に関してよくある質問

この記事を読むことで、電気工事士の資格取得に必要な情報が入手できます。試験について詳しく知り、合格のために時間を有意義に使いましょう。


1.電気工事士とは

ビルや工場・商店・一般住宅などにある電気の工事をおこなう際、資格が必要です。その資格が「電気工事士」になります。そこで、電気工事士の資格概要や職務・目的・就職など詳しく説明しましょう。

1‐1.電気工事士の資格概要

電気を扱う仕事にはいくつもの資格があります。その1つになる「電気工事士」は自家用電気工作物・一般用電気工作物の工事ができる資格です。電気工作物はビルや商業施設、一般家庭などにある電気設備のことを指しています。

1‐2.電気工事士の職務

電気工事士は電気工作物の工事をする資格です。室内の配線や外線・冷暖房設備・ビル管理の仕事も含まれています。基本、電気工作物が設置されてある場所が電気工事士の仕事場です。

1‐3.電気工事士の目的・必要性

感電や火災の恐れがある電気工作物は、資格を持っている人がきちんと管理しなければなりません。知識が豊富な電気工事士が取り扱うからこそ、安全・安心に電気工作物を使うことができます。

1‐4.就職について

唯一、電気工作物の工事ができる資格なので、就職・転職に有利です。電気工事士の就職先は、主にビルメンテナンス会社や電力会社になります。有資格者と無資格者では求人先の対応が違います。電気工事に関する専門の知識を持っている有資格者が採用されやすいです。

1‐5.キャリアアップのメリット

自家用電気工作物や一般用電気工作物の工事は電気工事士だけができる仕事です。そのため、電気工事士はキャリアアップに役立ちます。有資格者は資格手当など、給与面での期待もできるでしょう。