電気工事士の試験を受けたい方必見! 実技の練習方法を紹介します。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

取得すると電気設備の工事を行うことができる電気工事士は、電気関係の仕事に就くためには必ず取得しておきたい資格です。第二種電気工事士の場合は誰でも受験できますので、学生から社会人までたくさんの方が受験されます。電気工事士の試験には筆記試験の他に実技試験があり、その勉強方法に苦労している方も多いでしょう。

そこで、今回は電気工事士実技試験の練習方法についてご紹介します。

  1. 電気工事士の基礎知識
  2. 電気工事士の試験について
  3. 実技の練習について
  4. おすすめ参考書
  5. 電気工事士の実技練習に関するよくある質問

この記事を読めば、効率的な勉強方法が分かるでしょう。電気工事士の資格にチャレンジしようと思っている方は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.電気工事士の基礎知識

はじめに、電気工事士とはどのような資格かということをご紹介します。難易度や需要はどの程度でしょうか?

1-1.電気工事士とは?

電気工事士とは、文字どおり電気設備の工事が行える資格です。有資格者は、建築関係の現場には欠かせません。また、ビルなどのメンテナンス業でも有資格者は重宝されます。

また、電気工事士の資格を取得して実務経験を積めば、ネオンや非常用予備電源など特殊電気工事を行える特殊電気工事従事者の資格を取得することが可能です。

1-2.電気工事士の種類とは

電気工事士には、第一種と第二種があります。第二種は、一般住宅や小規模商店・600V以下で受電する電気設備などの一般用電気工作物の工事が可能です。第一種は一般用電気工作物の他、500kw未満の自家用電気工作物の工事が行えます。

1-3.受験資格などについて

電気工事士の資格はどちらでも年齢・性別・学歴を問わずに受験できます。ただし、第一種電気工事士の免許は、電気工事士としての実務を一定期間行っていなければ交付されません。ですから、まったくの無資格者が電気工事士として働きたい場合は、まず第二種を取得した後、一定期間実務経験を積んで第一種を受験することになります。

なお、電気事業主任技術者の資格を取得して一定期間電気工事の実務経験を積んでも交付資格が取得可能です。

1-4.取得メリットや難易度について

電気工事士の資格を取得すれば、電気工事が必要な職場すべてに需要があります。この他、前述したようにビルメンテナンス業界でも有資格者は優遇されるでしょう。年齢に関わらず、転職にも有利に働きます。

電気工事士の難易度はやや優しい~普通程度です。参考書も豊富に販売されており通信教材もたくさんあります。ですから、まったく電気に関する知識がない方でも勉強をはじめやすく、独学でも合格可能です。