【必見】電気工事士の合格率とは? 試験・勉強法について徹底解説

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電気工事士は、工場・ビル・一般住宅などにある電気設備の工事を行うプロです。資格を取得しなければ、電気設備の工事を行うことができません。そんな電気工事士の資格を取得するためには、「一般財団法人 電気技術者試験センター」が実施している国家試験に合格することが必要です。受験を考えている方の中には、試験内容だけでなく、合格率が気になる方もいるでしょう。そこで、本記事では、電気工事士の基礎知識や合格率・試験と勉強法について説明します。

  1. 電気工事士の基礎知識
  2. 電気工事士の合格率について
  3. 電気工事士の試験・勉強法について
  4. 電気工事士に関してよくある質問

この記事を読むことで、電気工事士の試験を取得するために必要な情報を知ることができます。合格率が気になる方は、ぜひ参考にしてください。


1.電気工事士の基礎知識

合格率について知る前に、電気工事士の基礎知識を深めておきましょう。定義・職務・分類・資格取得のメリット・就職や求人などについて説明します。

1-1.定義

電気工事士は、電気工事士法に基づく国家資格の1種です。自家用電気工作物、または一般用電気工作物の工事に関する専門的な知識と技能を有する者に与えられます。電気工作物とは、電気を供給するための発電所・変電所をはじめ、住宅や工場などの受電設備や屋内配線・電気使用設備などの総称です。電気工事士は、オフィスビルや商業施設・一般住宅・商店・工場などに設置されている電気設備の工事を行う資格となります。これらは有資格者だけが行える工事であり、法令で厳しく定められているのです。電気工事士は、電位工作物の電気工事を行う際は、電気設備技術基準に適合するように作業を行わなければなりません。

1-2.職務

主に、電気工作物の建築・メンテナンス・管理・工事を行うことになるでしょう。一般住宅や小規模な店舗・事業者などに600ボルト以下の電圧で受電しているものを一般用電気工作物、工場やビルなどに高圧以上の電圧で受電しているものを自家用電気工作物と言います。電気事業者の発電所・変電所・送配電線路などの工作物は、電気事業用電気工作物です。
また、電気工事士の仕事内容は、建築電気工事と鉄道電気工事の2種類に分けることができます。代表的な建築電気工事と言えば、屋内配線工事・外線の配線工事・冷暖房設備(エアコン)の工事・ビル管理の仕事です。一方、鉄道電気工事では、変電設備工事・線路工事・駅の設備工事があります。

1-3.分類

電気工事士の資格には、第一種と第⼆種の2種類があります。それぞれ、工事範囲が異なるので注意しておかなければなりません。2種類の工事範囲は以下のとおりです。

  • 第⼆種電気工事士:一般住宅や店舗などの600V以下で受電する設備の工事に従事できる
  • 第一種電気工事士:第二種の範囲と最大電力500kW以内の工場・ビルなどの工事に従事できる

1-4.資格取得のメリット

資格を取得すると、就職・転職に有利です。ほとんどの会社・企業では、無資格者よりも有資格者を採用しています。電気工作物がある場所では、電気工事士が必要負不可欠なのです。また、資格手当てなど、給与面でも大きなメリットが生まれます。実績や経験を重ねていけば、昇給・昇格のアップが期待できるでしょう。電気工事士として仕事の幅を広げたい方は、第二種の取得をおすすめします。

1-5.就職・求人・年収について

電気工事の作業に従事する際は、電気工事士免状の携帯が義務づけられています。電気設備は私たちの生活に必要だからこそ、電気工事士の就職は安定していると言えるでしょう。2020年の東京オリンピックに向けて、オフィスビルや商業施設・マンションなどの建築業界も右肩上がりなので、電気工事士の求人数も増えています。気になる年収は、企業の規模によって異なりますが、約450万~600万円です。

12