電気主任技術者を外部委託するには? 要件と手続き方法まとめ

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電気主任技術者の外部委託についてご存じでしょうか? 電気関係の仕事に就く上で資格取得がすすめられる電気主任技術者。この資格を持っていると自分自身のスキルアップにもつながり、就職や転職にも大変有利になります。原則として、店舗や施設、工場、発電所など一定の電圧を使う事業所では、電気主任技術者の選任が必要です。しかし、すべての事業所で電気主任技術者を選任することは現実的ではないでしょう。そこで、外部委託という方法があります。平成15年の法改正により、経済産業局に申請することで電気主任技術者を外部に委託することが可能となったのです。この記事では、電気主任技術者の外部委託について、その要件や方法などをまとめて解説します。

  1. 電気主任技術者の基礎知識
  2. 電気主任技術者の外部委託について
  3. 電気主任技術者を外部委託する方法
  4. 電気主任技術者の外部委託に関するよくある質問

この記事を読むことで、電気主任技術者の仕事や外部委託の方法などを知ることができます。資格取得を目指している人も、ぜひ参考にしてみてください。


1.電気主任技術者の基礎知識

まずは、電気主任技術者という資格について知りましょう。

1-1.電気主任技術者とは?

電気主任技術者は国家資格であり、事業用電気工作物の工事や維持、運用に関する保安を監督するのが主な役割です。第一種、第二種、第三種に分類され、取り扱うことができる電圧がそれぞれ異なります。最も広い範囲で電圧の管理ができるのが、第一種電気主任技術者です。試験の難易度が最も高くなりますが、取得しておくと幅広い分野で活躍することができます。

1-2.準拠する法律について

電気主任技術者としての仕事は、電気事業法という法律に準拠しています。この法律は電気事業および電気工作物の保安を目的としており、電気主任技術者はこの法律に従って仕事をしなければならないのです。資格試験にもこの法律に関する問題が出題されるため、しっかりと把握しておく必要があるでしょう。

1-3.点検と保守が主な職務

電気主任技術者の主な職務は、電気設備の点検と保守です。故障などの不具合が起きたときは修理も行うことになります。施設の規模が大きい場合は、電気主任技術者が常駐することになるでしょう。また、発電所や工場などで電気工事を行う際に、電気主任技術者が監督を務めることもあります。責任者としての役割を果たすことになるため、一定の知識や技術を取得していることが求められるのです。

1-4.なぜ必要なのか?

商業施設やオフィスビル、マンション、病院などには、さまざまな電気設備が設置されています。こういった設備が安全に作動するためには、定期的なメンテナンスが必要です。そして、故障が起きたときには修理や交換をしなければなりません。そのための仕事をするのが、電気主任技術者です。近年、電気設備の普及は高まってきています。そのため、電気主任技術者は必要不可欠な資格であり、幅広い分野で求められることになるのです。

12