電気工事士の転職は有利なのか? 就職を成功させるために必要な知識

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「電気工事士の資格を取得したいけれど、勉強のやり方がわからない」「本当に転職に有利なのか」など、悩んでいる方は多いでしょう。電気工事士は、電気に関する知識を持っていない方でも、きちんと勉強すれば取得できる資格です。また、転職・就職に有利な資格でもあります。資格試験に一発合格するためにも、電気工事士に関する知識を把握しておきましょう。そこで、本記事では、電気工事士の基礎知識や転職・資格の種類・試験内容・勉強法など詳しく説明します。

  1. 電気工事士の仕事・職場について
  2. 電気工事士の転職について
  3. 電気工事士の資格について
  4. 電気工事士の試験について
  5. 電気工事士資格取得のための勉強法
  6. 電気工事士に関してよくある質問

この記事を読むことで、電気工事士として転職するために必要な情報と知識が習得できます。電気工事士の資格を取得したい方や転職を考えている方は、ぜひチェックしてください。


1.電気工事士の仕事・職場について

電気工事士として転職をする際、一体どんな職場になるのか気になる方は多いでしょう。そこで、主な職場と仕事内容について説明します。

1-1.主な職場

電気工作物の工事を専門的に行う電気工事士は、主に、電気工事が必要な場所が職場になります。たとえば、インターネット回線工事・電柱関連の工事・建築における電気工事・ビルや商業施設内の電気工事などです。

1-2.仕事内容

電気工事士の仕事内容は、一般住宅やビル・工場・病院・店舗など、電気設備の施工・設計です。電気設備の工事は火災や感電などリスクが高いため、専門知識を持った者でないとおこなえません。法律において、特定の有資格者だけができる仕事です。

1-3.電気工事士の待遇について

電気工事士になると、給料面での待遇が期待できます。資格手当という付加価値が給与につくのです。資格手当は有資格者が得られる給与であり、企業から毎月の給与に加算されます。資格手当の金額は企業によって異なりますが、およそ数千円です。また、経験を積むほど昇給・昇格が期待できる資格でもあります。