電気工事士に将来性や需要はあるの? 資格取得のポイントを徹底解析

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ビル・工場などの大規模施設や商店・一般住宅には、電気設備があります。電気設備は発電から送配電、電気を使用する機器を含めた設備のことです。私たちの生活において電気は必要不可欠なものであり、電気設備がなければ利用できません。そんな電気設備の工事ができるのは、電気工事士という資格を取得している人だけです。電気を必要とする限り、電気工事士の需要はあります。しかし、今需要のある資格でも数年後は需要がなくなるのでは、将来性はあるのか、不安になるでしょう。そこで、本記事では、電気工事士の基礎知識や将来性・資格取得の方法などについて詳しく説明します。

  1. 電気工事士の基礎知識
  2. 電気工事士の仕事・職場について
  3. 電気工事士の将来性について
  4. 電気工事士の資格について
  5. 電気工事士の試験について
  6. 電気工事士の資格取得のための勉強法
  7. 電気工事士に関してよくある質問

この記事を読むことで、電気工事士の将来性を知ることができ、資格取得のために必要な知識を身につけることができます。取得を考えている方はぜひ参考にしてください。


1.電気工事士の基礎知識

資格取得を目指す前に、まずは、電気工事士について詳しく知ることが大切です。電気工事士とは何なのか、種類・分類ついて詳しく説明します。

1-1.電気工事士とは

電気工事士は、ビル・工場・商店・一般住宅などにある電気設備の工事ができる者のことです。電気設備を安全・安心に利用するためには、知識を持っている人が保守業務を行わなければなりません。電気設備の工事を行える資格が電気工事士であり、大切な役割を担っています。

1-2.種類・分類について

電気工事士の種類は、電気工事士法に基づき、第一種と第二種にわけることができます。それぞれ電気工事が行える範囲が変わるので注意しなければなりません。

  • 第一種電気工事士:第二種の範囲と最大電力500キロワット以内の工場・ビルなどの工事
  • 第二種電気工事士:一般住宅や店舗などの600ボルト以下で受電する設備の工事