【徹底解析】電気工事士の資格は本当に就職・転職に役立つの?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「電気工事士の資格を取得しても就職先はあるのか」「順調に仕事先が見つかるのか」など、先のことを考えると不安になる気持ち、よくわかります。資格を取得したほうが就職・転職に有利だとわかっていても不安ですよね。そこで、電気工事士の就職や資格について、試験や取得のための勉強法など詳しく説明します。

  1. 電気工事士について
  2. 電気工事士の就職について
  3. 電気工事士の資格について
  4. 電気工事士の試験について
  5. 電気工事士資格取得のための勉強法
  6. 電気工事士資格合格後に必要な講習について
  7. 電気工事士に関してよくある質問

この記事を読むことで、電気工事士の資格取得に必要な情報を得ることができます。電気工事士の就職について知りたい方・就職や転職を考えている方は必見です。


1.電気工事士について

電気工事の内容によっては資格取得者でしかできない作業があります。電気工事士は法令で決まっている作業ができる資格者のことです。それでは、一体どんな職務があるのでしょうか。

1‐1.電気工事士の職務

電気工事士の職務は電気工作物の工事です。事務所や商業・ホテル・ビル・工場・一般住宅・マンションなどにある自家用電気工作物または一般用電気工作物の工事をおこないます。

1‐2.電気工事士の種類・分類

電気工事士は第1種と第2種の2つにわかれています。第1種のほうが資格のレベルは高く、工事できる電気工作物も幅広いです。どんな仕事をしたいのか、どんな電気工作物を取り扱いのかによって、資格の種類が異なります。資格試験を受ける前に自分が受けるべき資格を明確にしておきましょう。

1‐3.電気工事士の目的・必要性

電気工事士は、電気工作物の電気工事に従事する際、電気設備技術基準に基づいて工事する資格です。電気に関係する工事は感電・火災など事故を起こすリスクが高まります。だからこそ、きちんと専門知識を持った有資格者が作業をおこなわなければなりません。