電気工事士の筆記免除について徹底解析! 実技試験のコツとは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ビルや商業施設などの大型施設には、安定した電気を供給するための電気設備があります。その電気設備を技術基準に適合するように作業するためには、電気工事士という資格が必要です。国家資格となる電気工事士は、試験をパスしなければなりません。しかし、電気工事士の資格試験は、条件に当てはまると筆記試験が免除可能です。そこで、本記事では、電気工事士の資格内容や筆記免除・試験概要・実技試験・勉強法などについて詳しく説明します。

  1. 電気工事士の資格について
  2. 電気工事士の筆記試験免除について
  3. 電気工事士の筆記試験免除の申請について
  4. 電気工事士の試験概要
  5. 電気工事士資格取得のための勉強法
  6. 電気工事士の講習について
  7. 電気工事士に関してよくある質問

この記事を読むことで、電気工事士の筆記試験免除内容や資格取得に必要な情報を知ることができます。取得を考えている方はぜひチェックしてください。


1.電気工事士の資格について

電気工事士の資格を取得するためには、概要や職務・取得要件などの基礎知識を把握することが大切です。それでは、電気工事士の基礎知識について詳しく説明します。

1-1.電気工事士の概要・職務

電気工事士は自家用電気工作物から一般用電気工作物の工事ができる資格です。電気工事ができる者は一定の資格を持っている電気工事士だけと電気工事士法で決められています。電気工事士は建築の配線工事やビル管理の仕事・鉄道電気工事など、主に室内の配線工事が主な職務です。

1-2.資格取得のメリット

資格を取得すると、電気工事ができるようになります。電気工事士だからこそ、できる戦記設備に関する工事はたくさんあるのです。また、有資格者は就職・転職に有利なメリットも持っています。電気工事士は重宝されるため、採用されやすいのです。さらに、資格手当など給料面のメリットもあります。

1-3.取得要件

電気工事士の資格には、第一種と第二種があります。それぞれ取得要件が異なるため注意してください。

1-3-1.第一種電気工事士

第一種は、第二種の範囲+最大電力500キロワット以内の工場・ビルなどの工事に従事できます。取得要件は、以下のとおりです。

  • 第一種電気工事士試験に合格し、電気工事士の実務経験を通算5年以上有する者
  • 第一種電気工事士試験の合格者で、大学・短大・高等専門学校(5年制)において、電気理論・電気計測・電気機器・電気材料・送配電・電気法規・製図の課程を修めた者。かつ、電気工事の実務経験を通算3年以上有する者
  • 昭和62年以前に実施されていた試験に合格後、電気工事の実務経験を通算3年以上有する者
  • 電気主任技術者免状交付または電気事業主任技術者の資格を有する者で、実務経験として認められる電気工事または事業用電気工作物の維持および運用に関する業務を通算5年以上有する者

1-3-2.第二種電気工事士

第二種は一般住宅や店舗など、600ボルト以下で受電する設備工事に従事できる資格です。取得要件は以下のとおりになります。

  • 第二種電気工事士試験に合格した者
  • 経済産業大臣認定の第二種電気工事士養成施設を、所定の単位を修めて卒業した者

1-3-3.実務経験について

実務経験としてみなされる代表的な例を以下にピックアップしてみました。

  • 第二種電気工事士免状取得後におこなった一般電気工作物の電気工事
  • 事業用電気工作物のうち、最大電力500キロワットいないの自家用電気工作物の設置や変更工事

逆に、実務経験としてみなされない電気工事もあります。それは以下のとおりです。

  • 電気工事士法施行令で電気工事の作業に当てはまらない軽微な工事
  • 電気工事士法で資格が必要とされる特殊電気工事
  • 保安通信設備の工事
  • 電気機器の製造業務