ビルメンの仕事に電験が有利な理由。資格取得の方法と共に紹介します。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ビルメンとはビルメンテナンス(設備管理)の略称のことです。ビルは大型になるほど設備管理が重要になり、一定の広さを持つ大型商業施設やオフィスビルには、建築物環境衛生管理主任技術者(ビル管理士)という資格の選任が義務付けられています。しかし、建築物環境衛生管理主任技術者以外にも、ビルメン業界で働くためには、電験など取得しておいた方がよい資格があるのです。

そこで、今回はビルメン業界活躍するために電験が有利な理由や資格取得の方法をご紹介しましょう。

  1. 電験とビルメンの基礎知識
  2. なぜ、電験がビルメン業界の就職に有利なのか
  3. 電験を取得する方法
  4. 電験に関するよくある質問

資格取得の方法などが分かれば、よりチャレンジしやすくなります。ビルメン業界に就職を希望している方や電験に興味がある方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.電験とビルメンの基礎知識

はじめに、電験とビルメンの基礎知識をご紹介します。なぜ、ビルメン業界で活躍するために電験を取得していると有利なのでしょうか?

1-1.電験とは?

電験とは、正式名称を電気主任技術者という資格です。高圧受電設備の保守・点検・管理が行えるため、電機業界で働くならば必ず取っておいた方がよいといわれています。第1種~第3種までの3種類があり、第3種でも電圧5万ボルト以下の電気工作物の保守・点検を行えるため、まずは3種にチャレンジする方が多い資格です。ちなみに、第3種を取得して一定の期間電気工作物の保守・点検の実務経験を積むと、経済産業省で認定を受けて1種や2種の資格を取得することもできます。

1-2.電験を取得するメリット

高圧受電設備は、たいていのビルや大型商業施設・工場などに設置されています。高圧受電設備は定期的に点検が義務付けられているため、ビルメンテナンスの業務には必ず入っているのです。外部業者に保守や点検を委託しているビル管理会社や所有者もいますが、有資格者がいれば自社で受電設備の保守・点検が行えるということで就職がとても有利になります。資格を取得してビルメンテナンス業についていると、資格手当がつくところも多いでしょう。

また、電験の有資格者が行える仕事は年齢が高くてもできる内容です。そのため、定年を超えても働き続けている有資格者は多く、高齢者の再就職にも有利な資格といわれています。

1-3.ビルメンとは?

ビルメンとはビル内にある水道・空調・電気設備などの保守・点検を行い、清掃や害虫駆除などの業務をする仕事です。ビルを安全に衛生的に使うことができるように管理する仕事、といえば理解もしやすいでしょう。大型のビルになるほどビルメンテナンスの重要性は増します。そのため、床面積が3,000平米以上の建築物には、建築物環境衛生管理主任技術者(ビル管理士)の選任が義務付けられているのです。

1-4.ビルメン業界に就職する方法やメリット

ビルメンテナンス業の求人は、大阪や東京などの大都市の方が豊富です。自社ビルの管理を行う会社もあれば、いろいろなビルと契約して社員を派遣し、ビルメンテナンスを行う会社もあります。大型ビルメンの責任者になるためには、建築物環境衛生管理主任技術者の資格が不可欠ですが、ビルメンの仕事をするだけでしたら特別な資格は必要ありません。それでも、電気・空調・消防に関わる資格を取得していれば、就職に有利となります。もちろん、電験もその一つです。ビルメンテナンス業の求人には、電験の有資格者が条件になっている職場も珍しくありません。

ビルメンテナンス業は単にビルの設備管理を行うだけでなく、ビルに出入りする各業者との折衝やテナントとの交渉・クレーム処理などもする必要があります。そのため、若い年代の方よりもある程度社会経験を積んだ方の方が向いているという職場も多いため、中高年の転職先としても人気です。また、電気・空調・消防関係の資格を取得していればそれだけできることもたくさんあります。そのため、給与も上がっていきやすくなるでしょう。また、建築物環境衛生管理主任技術者の資格を取得すれば監督業務が主になるので、定年を超えても勤め続けられる職場が豊富です。ビルメンテナンス業の仕事をしながら資格を取得していき、スキルアップをすればより好条件の職場に転職できる機会も増えます。

1-5.ビルメン業界に就職するために有利な資格とは?

ビルメン業界に就職するためには、ボイラー技士・冷凍機械責任者・危険物取扱責任者・電気工事士の資格を持っていると有利と長年いわれてきました。この4つの資格をまとめてビルメン4点セットともいいます。この4つの資格を持っていれば、ボイラーの管理(給湯)や冷凍機械の管理(空調)、危険物の取り扱い(ボイラーの燃料である石油など)・電気系統の修理や設置ができるためです。しかし、現在は大型ビルの給湯や空調は専門の業者が保守・点検をすることが一般的になりました。そのため、現在はエネルギー管理士・消防設備士・電気工事士・電験の有資格者がビルメン業界では重宝されています。それでも、ボイラー技士や冷凍機械責任者も取得しておいて損はありません。有資格者を優遇している会社もまだまだあるのです。

12