電気工事士の年収・給料はいくら?資格取得や転職を考えるなら必見!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「電気工事士の資格取得を考えているけど、年収や給料はいくらだろう」とか、「電気工事士は転職に有利なのか知りたい」などと考えている人もいますよね。そこで、今回は、電気工事士の年収・給料の実際について、詳しく解説しましょう。電気工事士にもさまざまな働き方があり、働き方によっても年収が違うことなども解説します。

  1. 電気工事士について
  2. 電気工事士の年収について
  3. 工事の種類による年収の違いについ
  4. 働き方による年収の違いを理解しよう
  5. 電気工事士で年収アップするコツやポイントを伝授
  6. 電気工事士の試験について学ぼう
  7. 電気工事士資格取得のための勉強法
  8. 電気工事士の年収・給料に関するよくある質問

電気工事士について興味がある人や、電気工事士の年収や給料について知りたい人には、特にメリットの大きな内容となります。手に職を付けて年収アップをしたい人も、ぜひ参考にしてください。


1.電気工事士について

まずは、電気工事士の職務や種類・目的などを学ぶことにしましょう。電気工事士について基本を学ぶことも、資格取得のためには必要なことです。

1-1.電気工事士の職務とは

電気工事士の職務には、以下のようなものがあります。

  • 電気設備の配線を適切に行うこと
  • 電気設備技術基準に適合するように作業を行うこと
  • 電気設備の保守・管理を行うこと
  • 現場で作業をする者への助言や監督を行うこと

電気工事士は、電気設備が正しくかつ安全に使用することができるために職務にあたることになります。

1-2.電気工事士の種類と分類を学ぼう

電気工事士の種類には、以下のものがあります。

  • 第一種電気工事士
  • 第二種電気工事士
  • 認定電気工事従事者
  • 特種電気工事資格者(ネオン工事)
  • 特種電気工事資格者(非常用予備発電装置)

ただし、第一種電気工事士と第二種電気工事士以外は、一般用電気工作物の取り扱いができません。なお、一般電気工作物とは、一般の家庭や小規模商店などの600ボルト以下で受電する電気設備を言います。

1-3.電気工事士の目的や必要性を理解しよう

電気設備を使用するためには、配線を確実かつ安全に行うことが重要です。電気設備の配線を間違うと、大きな事故の原因になってしまいます。電気設備の配線には、電気工事に詳しい専門知識を持った人材が必要なのです。安心して電気設備を使用するためにも、電気工事士の必要性は高いと理解しましょう。