電気工事士の年収・給料はいくら?資格取得や転職を考えるなら必見!

このエントリーをはてなブックマークに追加

「電気工事士の資格取得を考えているけど、年収や給料はいくらだろう」とか、「電気工事士は転職に有利なのか知りたい」などと考えている人もいますよね。そこで、今回は、電気工事士の年収・給料の実際について、詳しく解説しましょう。電気工事士にもさまざまな働き方があり、働き方によっても年収が違うことなども解説します。

  1. 電気工事士について
  2. 電気工事士の年収について
  3. 工事の種類による年収の違いについ
  4. 働き方による年収の違いを理解しよう
  5. 電気工事士で年収アップするコツやポイントを伝授
  6. 電気工事士の試験について学ぼう
  7. 電気工事士資格取得のための勉強法
  8. 電気工事士の年収・給料にかんするよくある質問

電気工事士について興味がある人や、電気工事士の年収や給料について知りたい人には、特にメリットの大きな内容となります。手に職を付けて年収アップをしたい人も、ぜひ参考にしてください。


1.電気工事士について

まずは、電気工事士の職務や種類・目的などを学ぶことにしましょう。電気工事士について基本を学ぶことも、資格取得のためには必要なことです。

1-1.電気工事士の職務とは

電気工事士の職務には、以下のようなものがあります。

  • 電気設備の配線を適切に行うこと
  • 電気設備技術基準に適合するように作業を行うこと
  • 電気設備の保守・管理を行うこと
  • 現場で作業をする者への助言や監督を行うこと

電気工事士は、電気設備が正しくかつ安全に使用することができるために職務にあたることになります。

1-2.電気工事士の種類と分類を学ぼう

電気工事士の種類には、以下のものがあります。

  • 第一種電気工事士
  • 第二種電気工事士
  • 認定電気工事従事者
  • 特種電気工事資格者(ネオン工事)
  • 特種電気工事資格者(非常用予備発電装置)

ただし、第一種電気工事士と第二種電気工事士以外は、一般用電気工作物の取り扱いができません。なお、一般電気工作物とは、一般の家庭や小規模商店などの600ボルト以下で受電する電気設備を言います。

1-3.電気工事士の目的や必要性を理解しよう

電気設備を使用するためには、配線を確実かつ安全に行うことが重要です。電気設備の配線を間違うと、大きな事故の原因になってしまいます。電気設備の配線には、電気工事に詳しい専門知識を持った人材が必要なのです。安心して電気設備を使用するためにも、電気工事士の必要性は高いと理解しましょう。

2.電気工事士の年収について

実際のところ、電気工事士の年収はどのくらいになるのでしょうか。ここでは、電気工事士の年収について、詳しく解説をしていきます。

2-1. 電気工事士の主な就職先や職場

電気工事士の主な就職先や職場には、以下のようなところがあります。

  • 電気工事会社
  • 電気設備工事会社
  • 建設会社
  • イベント会社
  • 電力会社
  • 家電メーカー
  • 機械メーカー

電気工事を扱う業種は、想像以上に多いものです。業種を問わない場合は、あらゆる就職先を見つけることができますよ。

2-2.電気工事士の平均年収はいくら?

実際、電気工事士の平均年収はいくらなのでしょうか。

  • 企業に就職した場合:平均年収300万円から600万円程度
  • 個人事業主の場合:平均年収500万円から1,000万円程度

もちろん、企業に就職した場合でも管理職になると600万円以上の年収を得ることは可能です。また、個人事業主の場合でも人脈を生かしたり人を雇って事業を広げたりすることで高い年収を稼ぐことも夢ではありません。

2-3.電気工事士の求人状況

電気工事士は、日常生活に欠かすことができない分野であるため、求人数は豊富です。そのため、電気工事士の資格取得者は就職や転職に有利と考えてください。ただし、自分が希望する業種で電気工事士として仕事をするには、求人情報を常にチェックして見逃さないことが大切です。また、求人状況は経済情勢によっても変化します。就職や転職に有利であっても、気を抜かないようにしましょう。

2-4.電気工事士の将来性について

電気工事士の将来性は、明るいと言えます。私たちの暮らしには、電気工事を欠かすことができません。電気設備を安全に使用するためには、正しく工事を行うことができる人材が必要なのです。私たちの暮らしから電気設備が無くならない限り、電気工事士の将来性は心配しなくてもよいでしょう。

2-5.電気工事士として就職するときの注意点

電気工事士として就職するときは、自分が興味のある業種や仕事内容であるかが大切です。また、始めは見習いから始めるのかどうかについてもきちんと確認をしてください。電気工事士は資格を取っただけでは、実務経験不足で仕事にならないこともあります。たとえば、社員を育てる社風がある企業に就職をすることで未経験をカバーできるでしょう。まずは、自分がどのように働きたいのか、きちんと考えて就職先を探してください。

3.工事の種類による年収の違いについて

電気工事士でも、工事の種類によって年収が異なります。工事の種類別で、どのくらいの年収が目安となるのか解説をしましょう。

3-1.電気工事士が扱う工事とは

電気工事士が扱う工事は、広範囲に亘(わた)ります。ここでは、主な工事内容について説明をしましょう。

3-1-1.エアコン取り付け工事

エアコン取り付け工事は、猛暑が続く時期に需要が高いことが特徴です。エアコンの販売数に比例して取り付け工事が必要なため、夏場は特に忙しいと考えてください。エアコン取り付け工事を行うのは、家電メーカーや家電販売店となります。

3-1-2.屋内・屋外配線工事

建物で電気設備を使用する前には、配線工事が必要です。新築物件などでは電柱など屋外の電気設備から配線を引く作業が不可欠となるでしょう。また、屋内で家電製品を使用するには、屋内配線を行って家電製品の置き場所まで電気を通す必要あります。屋内・屋外配線工事は、電気工事士の仕事の中でも多いです。なお、屋内・屋外配線工事を行う場合は、電力会社や建築会社が行います。

3-1-3.ビル管理

電気工事士としてビル管理の仕事にかかわる場合は、電気設備や水道設備・エレベーターなど広範囲の業務を行います。そのため、幅広い知識と経験が必要になることは間違いありません。また、ボイラー技士の資格があることが有利に働くことになるでしょう。ビル管理は、求人年齢が比較的高い傾向にあるため長く働きたい人も注目してください。

3-2.種類ごとの年収の違いを比較

取り扱う電気工事の種類によって、年収はどのように違うのでしょうか。

  • エアコン取り付け工事:年収400万円から700万円程度
  • 屋内・屋外配線工事:年収300万円から600万円程度
  • ビル管理:年収300万円から450万円程度

電気工事の種類では、エアコン取り付け工事が最も平均年収が高いことがわかります。また、ビル管理の年収が低めになっている理由は、65歳以上で残業無しという条件で働く人も多いからです。

4.働き方による年収の違いを理解しよう

電気工事士は、働き方によっても年収が違ってきます。ここでは、見習い・正社員・現場監督などで年収がどうなっているか確認してください。

4-1.見習い・社員・現場監督など働き方の種類

電気工事士でも、働き方の種類はさまざまです。主な働き方として、3種類をご紹介しましょう。

4-1-1.見習い

未経験者の場合は、実務経験を積むために見習いとして働くことが現実的です。また、副業として電気工事士の資格を生かす人も見習いの立場になることもあります。責任の範囲は狭く難しい業務はひとりで行うことも少ないでしょう。しかし、未経験者でも就職・転職する場合は、見習いから入ると安心です。

4-1-2.一般社員

企業と雇用契約を結んで、電気工事士として業務にあたるのが一般社員です。一般社員になると、任せてもらうことができる業務範囲が広がります。また、責任も重くなってくることも覚えておきましょう。一般社員になると、福利厚生もしっかり受けることができるためやりがいが大きくなると言えます。

4-1-3.現場監督

電気工事士としての経験を積むと、一般社員から現場監督に昇進することが多くなります。現場監督ともなると、自分の業務のほかにも一般社員や見習いの管理や指導も行わなくてはいけません。そのため、現場仕事のほかにも人員管理の仕事の割合が増えてきます。技術力も必要ですが、人望も必要になる働き方だと認識しましょう。

4-2.種類別の年収の違いを理解しよう

働き方によって、年収にも差が出てきます。具体的に、どれぐらいの年収になるのか種類別に確認してください。

  • 見習い:年収300万円程度から
  • 一般社員:年収300万円から400万円以上
  • 現場監督:年収400万円から500万円以上

年収は、見習いからステップアップをするほど高くなります。現場監督として働くことで700万円以上稼ぐことも夢ではありません。

5.電気工事士で年収アップするコツやポイントを伝授

それでは、電気工事士で年収アップしたい場合のコツやポイントを伝授しましょう。同じ資格でも、年収をアップしたいと考えている人は必見ですよ。

5-1.電気工事士としての就職先を考える

電気工事士として働く場合、年収アップをするためには就職先を選ぶ必要があります。同じ資格保持者であっても、年齢や経験年数によっても年収は異なるはずです。電気工事士として安定した年収を得たいときは、就職先の企業の採用条件を吟味してください。また、企業の経営状況によっても、年収の高低があるため経営が安定した企業を選ぶようにしましょう。

5-2.電気工事士としての働き方を考える

電気工事士は、企業に就職するほか、個人事業主として働くこともできます。安定した収入と立場を望む場合は企業に就職する方が有利ですが、自分の実力を試して自由に稼いでみたい場合は、個人事業主も魅力的です。また、技術力に自信がある場合も、個人事業主としての道を選ぶことで年収がアップする場合も多いでしょう。自分がどちらに向くかについては、よく考えてみてください。

5-3.電気工事士としてキャリアアップする

電気工事士でも、経験を積むことによってキャリアアップ可能です。始めは見習いであっても、経験を積むことで徐々に仕事の範囲を広げることができます。見習いから一般社員へ、さらに現場監督へのキャリアアップを目指しましょう。キャリアアップするほど、年収が上がることになります。

5-4.電気工事士として独立する

就職後数年の実務経験を積んだ後は、電気工事士として独立をすることも検討しましょう。資格取得だけでなく実務経験を積むことで、現場対応力が身についているはずです。また、現場での仕事ぶりに対して評価を受けていれば、独立後に仕事を回してくれることも期待できます。仕事の受け方や量によっては、社員時代の年収よりも大幅アップすることも可能でしょう。

5-5.電気工事士で年収アップするために必要なそのほかのこと

電気工事士として年収アップをするには、経験を十分に積んでからの独立することも検討してください。しかし、経験豊富なだけでは仕事を取ることは不可能です。大切なことは、人脈を作っていくことだと気付いてください。独立したときに自分に電気工事士としての仕事を回してもらうためにも、良好な人間関係を築いたりコネクションを探したりしましょう。

6.電気工事士の試験について学ぼう

電気工事士になるには、資格試験に合格をしなくてはいけません。ここでは、電気工事士試験の内容について、確認してください。

6-1.電気工事士試験の受験資格

電気工事士試験には、受験資格はありません。たとえば、未経験者でも独学で電気工事士の資格を取得することも可能です。特に二種電気工事士試験は筆記試験だけとなるため、初心者がチャレンジしやすいと言えます。未経験者は、二種電気工事士試験の受験から始めるとよいでしょう。

6-2.電気工事士試験の試験概要

電気工事士試験の試験概要については、下記を確認してください。

  • 試験日:(第二種)年2回・(第一種)年1回
  • 試験地:北海道・岩手県・宮城県・新潟県・東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県・愛知県・石川県・大阪府・兵庫県・広島県・香川県・福岡県・鹿児島県・沖縄県
  • 受験費用:(第二種)9,300円・(第一種)10,900円(いずれもインターネット申し込みの場合)
  • 申し込み方法:インターネット・郵送
  • そのほかの注意点:筆記試験と技能試験が別日程になることに注意

なお、試験地によっては実施が無いこともあるので注意してください。

6-3.電気工事士試験の内容

電気工事士試験の試験各目については、下記をご覧ください。

  • 試験科目:筆記試験および技能試験
  • 試験内容:(第二種)電気に関する基礎理論・配電理論および配線設計など7分野、(第一種)電気に関する基礎理論・配電理論および配線設計など9分野
  • 試験時間:(第二種)筆記試験2時間・技能試験40分、(第一種)筆記試験2時間20分・技能試験1時間

筆記試験は、マークシート方式となります。なお、筆記試験にかんしては現在持っている資格や経験によって受験免除となることがあるため、事前に確認しておきましょう。

参考:一般財団法人電気技術者試験センター受験案内記載ページ

6-4.電気工事士試験の受験者数や合格率・難易度

第一種電気工事士および第二種電気工事士の合格率や難易度は、平成27年度の数字を参考にしてください。

  • 第一種電気工事士:受験者数約21,739人・合格率約7割
  • 第二種電気工事士:受験者数84,072人・合格率約7割

合格率にかんしては、第一種電気工事士も第二種電気工事士もほぼ同じです。ただし、未経験者にとっては第一種電気工事士の方が難易度が高くなります。

6-5.電気工事士試験の問い合わせ先について

電気工事士試験について、より詳しく知りたい場合は、一般財団法人電気技術者試験センターに問い合わせてください。電気工事士試験を実施しているところなので、疑問に的確な回答をしてくれるはずです。まずは、下記の試験にかんするQ&Aページのリンクを参考にしてください。電気工事試験にかんするよくある質問が掲載してあるので、役に立ちますよ。

参考:一般財団法人電気技術者試験センター試験にかんするQ&Aページ

7.電気工事士資格取得のための勉強法

電気工事士試験に合格するためには、要領よく試験勉強を行うことも大切です。資格取得のためのおすすめの勉強法などを、ご紹介しましょう。

7-1.おすすめの勉強法・テキスト・参考書の紹介

電気工事士試験に合格するためには、過去問題を繰り返して解くことがポイントです。また、効率の良い勉強法を行ったり質の良いテキストや参考書を利用したりすることも重要でしょう。電気工事士試験にかんするものを下記にいくつかご紹介しますから、参考にしてくださいね。

7-1-1.「新・第2種電気工事士 筆記+技能入門」

ツールボックスから出版の「新・第2種電気工事士 筆記+技能入門」はマンガ形式の参考書のため、初心者にもわかりやすいことが大きな特徴です。難しい単語も、マンガの視覚効果があると覚えやすいでしょう。特に長文を読むことが苦手な人には、おすすめの教材と言えます。

新・第2種電気工事士 筆記+技能入門

7-1-2.「ぜんぶ絵で見て覚える 第2種電気工事士 技能試験すい~っと合格(2016年版)」

「ぜんぶ絵で見て覚える 第2種電気工事士 技能試験すい~っと合格(2016年版)」は、技能試験対策に特化した参考書です。試験対策として視覚から理解ですることで、合格する可能性を高めることができます。実務経験が不足している人には、ありがたい参考書と言えるでしょう。

ぜんぶ絵で見て覚える 第2種電気工事士 技能試験すい~っと合格(2016年版)

7-1-3.「SAT第二種電気工事士速習講座」

SATの「SAT第二種電気工事士速習講座」は、独学で第二種電気工事士を取るための人気教材です。詳しくてわかりやすいテキストや、DVD教材で効率の良い学習ができます。また、試験対策に欠かすことができない過去問題も充実しているのでぜひ参考にしてください。

SAT第二種電気工事士速習講座

7-2.電気工事士資格取得のための講習について

電気工事士の資格取得のために、民間団体や自治体が開催する講習を受ける方法もあります。特に、技能試験を受ける前は、試験の形式に慣れるためにも講習を受ける意味は大きいと思ってください。実際に手を動かしながらポイントを学ぶことで、試験当日に緊張することなくスムーズに受験できます。まずは、近隣で講習を行っているかどうか調べてみてください。

7-3.資格取得にかんする学習のコツでそのほかのもの

電気工事士の資格取得を目指すためには、毎日の空き時間を上手(じょうず)に使うことも大切です。たとえば、朝の通勤時間や夜寝る前の数十分を学習に使いましょう。仕事をしながら資格取得を目指す場合は、学習時間の確保が必要です。少しずつでもコツコツと勉強を続けることで、電気工事士の資格取得が可能になりますよ。

8.電気工事士の年収・給料にかんするよくある質問

電気工事士の年収や給料にかんするよくある質問に、お答えします。就職や転職のときにも聞きづらい内容ですから、しっかり確認しておきましょう。

8-1.未経験者が第一種電気工事士をいきなり受験するのは無理ですか?

電気工事士には、受験資格がありません。未経験者でも、年収が高い第一種電気工事を受験することはできます。もちろん、試験勉強をしっかり行うことで合格も可能です。ただし、第一種電気工事士の資格取得はできても、免許を交付してもらうには実務経験が5年必要となります。つまり、実際に電気工事士として働くにはいきなり免許交付に実務経験が必要となる第一種より、経験を問わない第二種を選ぶべきでしょう。また、基本的な知識を学ぶという意味からも、第二種からの受験をおすすめします。

8-2.電気工事士でほかの業種へ転職するときに注意することは何ですか?

電気工事士としてほかの業種への転職を希望するときは、転職希望先の企業の業務内容をチェックしましょう。電気工事士は、業種によって作業する内容が変わってきます。ほかの業種に転職した場合、新しく覚えることが多くなることでしょう。また、自分がやりたい分野か、年収はどうか、なども転職後のモチベーションに大きくかかわりますから、慎重に検討してください。

8-3.電気工事士になるとすぐに給料が上がるのでしょうか?

電気工事士の資格を取得すると、資格取得祝いとして数万円が会社から支給になることがあります。また、資格取得後は毎月数千円の資格手当てがもらえる場合も多いでしょう。電気工事士になると、資格が無かったときより給料が上がりやすくなることは間違いありません。ただし、必ずしもすぐに給料が上がるとは限らないので注意してください。給料がいつ・どのくらい上がるのかについては、勤務している会社によって異なります。詳しくは、自分の会社の給与規定などを調べてみてください。

8-4.年収アップのためには転職サイトなどを利用した方がいいですか?

電気工事士としての優良求人は、転職サイトに多く掲載があります。複数の転職サイトに登録をしておくことは、有利な転職への道を開いてくれることでしょう。ただし、同じ転職先でも転職サイトによって求人条件が異なることもあります。できるだけ良い求人条件で転職を果たすためにも、求人情報の吟味や比較を忘れないでください。

8-5.年収をできるだけ多くするには独立して自営業になるべきですか?

確かに、電気工事士としての経験が豊富で技術力も高い人は、独立して自営業となったときに高い年収を稼ぐことも可能です。しかし、企業に社員として勤務するよりも収入には波があると考えてください。また、仕事量を確保するためには人脈が大切です。誰でも高い年収が期待できるわけではないので、独立はよく考えてからにしましょう。ただし、自分の腕に自信があって仕事をたくさん受けることができる状態なら、独立することで多くの年収を得ることも可能ですよ。

まとめ

電気工事士は、手に職を付けたい人に人気の高い資格のひとつです。しかし、年収や給料にかんしては聞きづらいこともあってよくわからない人も多いでしょう。電気工事士は、工事の種類や働き方によっても年収や給料が異なるのが事実です。電気工事士になって年収や給料をアップしたい人は、工事の種類や働き方での違いを理解して自分が納得する職場を選びましょう。ただし、まずは資格取得をクリアする必要があります。効率の良い学習をして、電気工事士の資格を手に入れてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

電験3種を最短合格!
DVD+スマホでいつでも学習出来る!30日間返金保証付!

SATの教材を使えば驚くほど短い学習時間で電験3種試験に合格できます。「学習時間の確保が難しい・・・」「勉強は苦手で・・・」など悩みの方に最適な教材です。 最短合格の秘密はこちら→

SATの教材を使い短期間で一発合格された受講生の声をご覧ください。受講生の皆さんが楽々試験をパスされていることが分かります。電験3種の資格取得するために苦労して勉強する必要はありません。あなたもSATの教材を使って楽々試験をパスしませんか?

業界初!安心のトリプル保証付き
1.全額返金保証!
2.合格するまでサポート無料!
3.長期破損保障!

最短合格の入り口はこちら