電気工事士第一種・第二種の違いとは? どちらを取得した方が有利?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電気工事士とは、文字どおり電気工事を行うことができる国家資格です。水道工事やガス工事と異なり、電気工事はこの資格を取得しなければ行えません。そのため、社会人にも人気があり、転職のために取得したいという人もたくさんいます。電気工事には第一種と第二種があり、それぞれ行える工事が異なりますが、違いが分からないという人もいるでしょう。
そこで、今回は電気工事士の資格区分の違いについて解説します。

  1. 電気工事士の基礎知識
  2. 電気工事士の資格区分について
  3. 電気工事士の資格取得方法
  4. 勉強のコツ
  5. 電気工事士に関するよくある質問

この記事を読めば、電気工事士を取得するコツなどもよく分かるでしょう。電気工事士の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.電気工事士の基礎知識

はじめに、電気工事士にできることや資格区分について解説します。取得するとどのようなメリットがあるのでしょうか?

1-1.電気工事士とはどのような資格?

前述の通り、電気工事士とは電気工事を行うことができる国家資格です。電気工事とは、家電のコンセントやアースを繋ぐ以外、すべての電気に関する工事を指します。たとえば、コンセントの修理や増設・建物内への配線工事・電気配線の修理などです。電気工事を行うには、必ず電気工事士の資格を取得しなければなりません。ガスや水道工事のように有資格者の監督下でも、無資格者が電気工事を行うことはできませんので、有資格者は常に一定の需要があります。建築業界・ビルメン業界など、電気工事士の有資格者を欲している業界も豊富です。

1-2.資格区分

電気工事士には、以下の資格区分があります。

  • 第一種:第⼆種が行える電気工事・最大電力500kW以内の電気工事を行える
  • 第⼆種:600V以下で受電する設備の電気工事を行える

また、電気工事士の資格を取得して実務経験を積めば、非常用予備発電装置の電気工事を行える認定電気工事従事者や、ネオンサインなどの工事を行える特種電気工事資格者の資格も、認定講習を受講することで取得可能です。

1-3.資格を取得するメリット

前述の通り、電気工事士は電気工事を行う職場で必要とされます。資格を取得すれば、就職の幅もぐっと広がり、転職にも有利です。また、資格を活用して独立開業することもできるでしょう。また、電気工事士の資格を取得した後、電気主任技術者など別の資格にチャレンジすることで、さらに仕事の幅が広がります。