漏電の原因は何? 対策方法や予防方法は? 皆様の疑問に一挙お答え!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

漏電とは、文字どおり電気が漏れている状態のことです。言葉自体はよく知られていますが、実際にどのような状態になっていて、何が危険なのか、いまひとつピンとこない人もいるでしょう。実際、漏電は大変危険です。感電する可能性はもちろんのこと、火災になる危険性もあります。

  1. 漏電の基礎知識
  2. 漏電対策・予防方法
  3. 漏電に関するよくある質問
  4. おわりに

そこで、今回は漏電の原因と対策について解説しましょう。興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.漏電の基礎知識

はじめに、漏電とはどのような状態を指すのか、ということや漏電が起こる場所などを解説します。なぜ、漏電は起こるのでしょうか?

1-1.漏電とは?

漏電とは、その名のとおり電気が漏れることです。一般的な電化製品はコンセントをつなぐことで電気がコードを通して製品に通り、使用できます。電気が通る道には必ず、「絶縁体」という物質がついており、電気があちこちに通らないようにしているのです。皆様もご存じのように、電気は形がなく、水や金属などいろいろな場所を通過します。つまり、絶縁体が破損したり劣化していたりすると、電気を通したらあちこちに電気が飛び散ってしまい大変危険であり、これも漏電の一種です。

1-2.漏電の原因とは?

漏電が起こる原因には、以下のような原因があります。

  • 絶縁体の劣化
  • 電化製品の劣化
  • 電線に多大な負荷がかかった
  • 防水対策を行っていなかった家電に水がかかった
  • 電線に大量の水がかかった
  • 電化製品の違法改造
  • アースを使わずに電気製品を使った

今の家電は安全性が高くなり、通常の使い方をしていれば漏電をする可能性はほとんどありません。しかし、使い方を間違ったり、経年劣化をそのままにしておいたりすると、漏電が起こる危険性があります。

1-3.漏電を起こすもの

漏電は、電気が使われているものすべてに起こる可能性があります。また、電線など電気を運ぶものも漏電を起こす危険性があるでしょう。台風や地震の際、切れた電線に触ってはならないと言われているのは漏電による感電を防止するためです。また、電池を使った電化製品も、漏電の可能性があります。

12