電験3種の資格は就職や転職にどのくらい有利?需要のある職場とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「転職や就職に有利になる資格を取りたい」と考えている方は多いでしょう。世の中にはたくさんの資格があります。その中でも、電気にかかわる資格は需要も高く転職や就職に有利です。

そこで、今回は電気にかかわる資格のひとつ、電験3種の就職先についてご説明します。電験3種は取得しているだけでも、就職には困らないものなのでしょうか? また、どのような資格なのかということもご説明します。電験3種の資格に興味があるという方や電験3種の資格をいかせる仕事が知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 電験3種とはどんな資格?
  2. 電験3種の資格を取得するには?
  3. 電験3種の資格が活かせる職場とは
  4. 未経験では就職が難しい?
  5. 電験3種の試験について
  6. コツコツ勉強を続けて資格を取得しよう
  7. 電験三種と就職に関するよくある質問
  8. おわりに

1.電験3種とはどんな資格?

電験3種とは、第3種電気主任技術者という資格の略称です。電気主任技術者とは、一定以上の電圧を使用する事業所の電気設備を保安監督できる資格のこと。工場や発電所、さらに商業施設などは、一般家庭よりも多くの電力を使います。

また、このような施設の電気設備が不備を起こして使用不能になると、多くの方に影響が出るでしょう。ですから、専門の資格者を選任して保安監督するのです。電気にかかわる資格としてはほかに電気工事士がありますが、こちらは工事ならできますが監督はできません。電気主任技術者は電気工事士を束ねる資格といってもよいでしょう。電気主任技術者には1種~3種までの種類があり、3種は電圧が5万ボルト未満の事業用電気工作物が扱えます。