電気主任技術者を目指す方必見!!高圧受電設備の規定とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

高圧受電設備とは、発電所から供給された高電圧の電流を100V~200Vに変換する機械です。
別名をキュービクル式高圧受電設備、また単にキュービクルということもあるでしょう。
高圧受電設備は工場や商業施設など、一般家庭に比べて多量の電気を使う場所に設置されています。
そこで、今回は高圧受電設備の規程についていろいろとご紹介しましょう。

  1. 高圧受電設備とは?
  2. 高圧受電設備の種類とは?
  3. 高圧受電設備の規程とは?
  4. 高圧受電設備にかかわる仕事について
  5. 高圧受電設備の保安点検にかかわる資格とは?
  6. 高圧受電設備に関するよくある質問

高圧受電施設は、法律によって定期的な点検が義務づけられています。
この記事を読めば点検が必要な設備や資格が分かるでしょう。
電気主任技術者の資格取得を目指している方もぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.高圧受電設備とは?

高圧受電設備とは、高電圧の電流を、実際に使用する電化製品に合った電圧に変換し、電力を安定して供給していく設備です。
工場や商業施設は、一般住宅に比べるとはるかに大量の電気を消費します。
ですから、よりたくさんの電流を受電するために、高電圧の電流をそのまま受信しているのです。
高圧受電設備は、主に、受電容量が50kVA以上4,000kVA以下の中小規模施設の変電設備として使われています。
高圧受電設備という名前よりも、キュービクルと呼ばれることの方が多いでしょう。
キュービクルとは「小箱」という意味で、鋼鉄製の外箱の中に必要な設備をすべて収納していることから、名付けられました。
この装置は、変圧器と保護装置、開閉器類、計器類からできています。
現在、高圧受電施設はメンテナンス性の高さと省スペース性から以前は主流であった開放式に比べて、代名詞にもなっているキュービクル式受電設備が一般的になっているのです。