高圧受電設備の知識が身につく!高圧電気関連の資格取得について

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「高圧受電設備について知りたい」「就職に有利といわれたから」など、高圧受電設備に関連する資格取得を考えている方は多いでしょう。高圧受電設備に関連する資格は電気技術主任者、ビル管理資格などがあります。知識も何も知らないまま試験を受けると時間とお金を無駄にしてしまうでしょう。そこで、この記事では、高圧受電設備とは何なのか、関連する資格取得のために知っておくべき知識について解説します。

  1. 高圧受電設備とは
  2. 高圧受電設備の法定点検について
  3. 高圧受電設備と関連する資格について
  4. 高圧・特別高圧電気取り扱いの講習について
  5. 高圧受電設備に関してよくある質問

この記事を読むことで、高圧受電設備と関連資格の取得のために必要な情報を知り学習ポイントを押さえた効率的な勉強法ができます。


1.高圧受電設備とは

電気を使うために必要な設備の「高圧受電設備」とは一体どんな設備なのでしょうか。それでは、高圧受電設備の概要、目的、種類など詳しく解説していきます。

1‐1.高圧受電設備の概要

私たちの生活に電気は必要不可欠です。普段使っている電気は高圧のまま電力会社から供給されます。しかし、供給される高圧電気のままでは使えません。そこで、高圧電気を設備の仕様に合った電圧・周波数に変換する「高圧受電設備」の登場です。高圧受電設備を利用すれば高圧電気から安定した供給ができます。また、高圧受電設備の標準施設や保護・絶縁強調など詳しく記載しているのが「高圧受電設備規程」です。高圧受電設備規程が記載されている本は日本電気協会から購入できるようになっていますよ。

日本電流協会

1‐2.高圧受電設備の目的、必要性

高圧受電設備の目的は電気を安全・安定的に供給することです。特に、ビルや工場では照明や工場ラインの機器、給排水、空調など電力を多く使います。より安定した電気の供給が必要不可欠なのです。もし、電気の供給が不安定になれば生産ラインが遅れてしまいます。現代は電力への依存度が高いです。今後はさらに、依存度が高くなるといわれており高圧受電設備の能力が必要になるでしょう。

1‐3.高圧受電設備が適用される場所

高圧受電設備が適用される場所は、主に大規模ビル、都市部や工場などです。規模が大きい場所ほど大きな電力が必要になります。中小ビルや工場では6.6kVが普通ですが、大規模ビルなどは77kV~22kVという大きい電力が供給されるのです。よって、高圧受電設備で降圧し対応しなければなりません。

1‐4.高圧受電設備の種類

高圧受電設備を大きくわけると「開放形高圧受電設備」と「キュービクル式高圧受電設備」の2種類があります。開放形高圧受電設備は主に大容量の電力を扱うときに使うタイプです。基礎はフレーム鋼で構築され遮断器・継電器(けいでんき)などの機器がついています。屋外にある高圧受電設備はほとんどが開放形高圧受電設備です。

1‐5.高圧受電設備キュービクルとは

一方、近年注目されているのが「高圧受電設備キュービクル」です。キュービクルは英語読みで日本語に訳すと「小室」を意味します。キュービクルの基礎は金属製の箱です。箱の中に高圧受電設備に必要な機器をすべて収納する形がキュービクルの構造になります。主に、大規模ビルや工場などに設置されるでしょう。高圧電気が安定供給できる、費用が安いとコストパフォーマンスに優れている種類です。さらに、キュービクルの保守点検を徹底させることで電気料金の削減が実現できます。そのため、キュービクル点検に費用をかけず、かつ高品質が維持できるサービスの需要が高まりつつあるのです。

1‐6.高圧受電設備のメリット・デメリット

高圧受電設備のメリットは電気の使用量が多くても効率的に安定した供給ができることです。電気を大量に必要とする場所では高圧受電が大活躍します。ただし、高圧受電設備には維持費がかかる点がデメリットです。使用量の単価は安いですが、維持費に民間企業への点検・保安委託が入るでしょう。電力を大量に使う場合は高圧受電設備、少量の場合は低圧設備がいいですよ。