発電機の種類や仕組みとは?発電できる電気の質とも関係があります。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

発電機とは、電気を起こす機械の総称です。
自転車のライトから、発電所で電気を起こしているタービンもすべて発電機になります。
また、災害時のために家庭用の発電機を常備しているところもあるでしょう
そこで、今回は発電機の種類や仕組みをご紹介します。
電気関係の仕事に就くと、発電機を整備したり保守や点検を行ったりする機会も増えるでしょう。
ですから、発電機のことをよく知っておいて損はありません。
電気主任技術者の資格取得を目指している方も、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 発電機の仕組みや構造とは?
  2. 電流別発電機の種類とは?
  3. 家庭用発電機の種類とは?
  4. 発電機の燃料は何?
  5. おわりに

1.発電機の仕組みや構造とは?

磁極を持つ回転子を回すと、ファラディーの法則によって固定子の電機子導体に交流電圧が発生します。
これを利用したのが発電機です。
といっても、これだけでは分かりにくいので、もう少し具体的に説明しましょう。
磁石の中で導線を動かしたり、導線を巻いたコイルの中で磁石を動かしたりすると、電流が発生します。
これが最も単純な発電機の仕組みです。
ですから、手回し発電機なども作れます。
つまり、何らかの形で磁石かコイルを動かせば電力は発生するのです。
ですから、鉄道車両やハイブリッドカーのように走りながら電気を作り、それを動力源として利用することも可能になっています。
一方、高い電圧の大電流を安定して供給するためには、石油や天然ガス、石炭などを燃料として蒸気を作り、その力で固定鉄心や固定コイルなどに囲まれた回転子を回すのです。
ちなみに、発電所などで使われる発電機の磁石は電磁石が使われています。

12