第一種電気工事士の難易度や合格率はどのくらい? 第二種との違いは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

第一種電気工事士とは、一般住宅や事業工作物のうち、最大電力500キロワット未満の需要設備の工事ができる資格になります。第二種よりも工事ができる範囲がぐんと増えるのですね。「どうせ取得するならば、二種よりも一種を」と思う方も多いでしょう。しかし、第一種電気工事士は誰でも受験ができますが、免許交付には条件があるのです。

そこで今回は、第一種電気工事士の難易度や合格率をご紹介します。第一種電気工事士の資格取得を目指す方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。