第一種電気工事士の難易度や合格率はどのくらい? 第二種との違いは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

第一種電気工事士とは、一般住宅や事業工作物のうち、最大電力500キロワット未満の需要設備の工事ができる資格になります。第二種よりも工事ができる範囲がぐんと増えるのですね。「どうせ取得するならば、二種よりも一種を」と思う方も多いでしょう。しかし、第一種電気工事士は誰でも受験ができますが、免許交付には条件があるのです。

そこで今回は、第一種電気工事士の難易度や合格率をご紹介します。第一種電気工事士の資格取得を目指す方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 第一種電気工事士と第二種電気工事士の違い
  2. 第一種電気工事士は筆記試験が難しい?
  3. 第一種電気工事士の試験対策
  4. おわりに

1.第一種電気工事士と第二種電気工事士の違い

まず始めに、第一種と第二種の電気工事士の違いを試験の難易度や合格率を含めて、ご紹介しましょう。どのくらい難易度が高くなるのでしょうか?

1-1.電気工事士の一種と二種の違いは?

電気工事士とは、文字どおり電気設備工事ができる資格です。電気設備工事とは、家電を設置する以外の電気工事のこと。新しく部屋を増築したので電気をひきたいという場合や、コンセントを部屋に増設したいというときなどですね。電気は、扱い方や工事の仕方を間違えると漏電や感電が起こる可能性もあります。その結果、火災が発生したり犠牲者が出たりすることもあるでしょう。ですから、専門の有資格者が必要なのですね。

第一種と第二種では、工事が行える範囲が違います。第二種は一般住宅と小規模な店舗の電気設備工事しか行えません。それに対し、第一種は前述したように事業工作物のうち、最大電力500キロワット未満の需要設備まで行えます。

つまり、工場や大規模商業施設の電気設備工事も行えるのです。ですから、第一種の方が求人も多いですし、給与も高いところが多いでしょう。

1-2.第一種電気工事士の難易度とは?

第一種電気工事士は、筆記試験と実技試験があります。筆記試験の合格率が44%前後。実技試験の合格率が65%前後になり、全体の合格率は30%前後になっています。電気工事士は両方の試験に合格しないと資格が取得できません。ですから、実技の試験の合格率が高くても、全体の合格率が低くなります。

第二種電気工事士の全体の合格率は39%前後ですから、それほど変わりなく見えるかもしれません。しかし、筆記試験の合格率は52%前後。実技試験の場合は72%前後とかなり高くなっています。つまり、第一種電気工事士の難易度は第二種に比べるとやはり難しくなっているといえるでしょう。

12