ウランを濃縮する方法が知りたい。何種類くらいあるの?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

私たちの生活になくてはならない電気。
その電気を作っているのが発電所です。
発電は決して複雑なことをするわけではありません。
蒸気の力でタービンを回すだけです。
今回は、蒸気を作るエネルギーのひとつ、ウランの濃縮方法についてご紹介しましょう。
ウランは、皆様がご存じのように原子力発電を行う際の核燃料になります。
ウランは天然の鉱石ですが、そのままでは使えません。
電験三種など電気系統の資格を受験する方も、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. ウランとは?
  2. ウランを濃縮する方法とは?
  3. 濃縮の結果何ができるの?
  4. ​おわりに

1.ウランとは?

ウランとは、原子番号92番の元素です。
地殻に鉱石として存在し、紀元前から着色料として使われてきました。
ウランには238や235などの種類がありますが、原子力発電所の燃料として使われるのはウラン235のことです。
ウラン235の原子核は中性子を吸収するとふたつに分裂します。
この分裂の際にさらに中性子が発生するため原子核の分裂反応は続き、その際に莫大なエネルギーが発生するのです。
原子力発電とは、この分裂反応のときに発生するエネルギーを発電に利用しています。
しかし、分裂反応のエネルギーは大きすぎるので、ホウ素、カドミウム、ハフニウムなど中性子を吸収する性質を持った物質で作った制御棒を使って反応を一定に押さえているのです。
さて、このウラン235ですが、ウラン鉱山から鉱石の形で採取します。
でも、ウラン鉱石の中に含まれているウラン235はわずか0.72%しかなく残りはウラン238です。
こおの濃度では原子炉の80%をしめている軽水炉ではうまく反応を持続させることができません。
そのため、ウランを濃縮させることが必要なのです。

12