電気工事士法に関連する資格をご紹介!電気工事士法について知ろう!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「電気工事士法について知りたい」「資格を取得したほうが就職・転職に有利だから」と、電気工事士法に関連する資格の取得を考えている人は多いでしょう。自分が望む資格を取得するためにも、電気工事士法の知識を身につけなければなりません。電気工事士法について知りたい方、関連する資格を知りたい、取得したい方は必読です。

  1. 電気工事士法とは
  2. 電気工事士法における国家資格とは
  3. 電気工事士法における軽微な工事とは
  4. 電気工事士資格について
  5. 認定電気工事従事者について
  6. 特種電気工事資格者について
  7. 電気工事士法に関連するその他の法律
  8. 電気工事に関してよくある質問

この記事を読むことで、電気工事士法に関連する資格の種類や取得するために必要な情報、電気工事士法に関連する仕事・法律について知ることができます。電気工事士法の基礎知識を身につけて、資格を取得しましょう。


1.電気工事士法とは

電気に関連する仕事をしたい、従事している人は電気工事士法について知らなければなりません。資格取得のためにも、電気工事士法の概要や目的、必要性、適用される場所を把握しておきましょう。

1‐1.電気工事士法の概要

電気工事士法は昭和35年8月1日に制定されました。電気工事に関係する資格や義務、欠陥による災害を未然に防ぐために定められている法律です。電気工事士法、電気用品安全法、電気事業法、電気工事業法が電気関連法規です。

1‐2.電気工事士法の目的

電気工事士法は、電気工事を従事している人の資格や義務内容の把握、電気工事の災害防止を目的としています。電気工事は感電の恐れ、漏電による災害が起きやすい工事です。そのため、基準を定めて工事をすすめなければなりません。主に、一般用電気工作物、自家用電気工作物の電気工事をおこなう電気工事士についての内容が記載されています。

1‐3.電気工事士法の必要性

電気工事士法はより安全・安心に電気工事をすすめるための法律です。電気工事をおこなう際、技術基準にもとづいて工事をしなければ危険な状態になる可能性があります。また、電気工事士だけができる作業も定められているため、電気工事をおこなう前に専門知識を持った人かどうかを確認しなければなりません。

1‐4.電気工事士法が適用される電気工作物

電気工事士法が適用される電気工作物は一般用電気工作物と500kW未満の自家用電気工作物です。たとえば、オフィスビルや商業施設などでは高圧を受電するための自家用電気工作物が設置されています。自家用電気工作物は適用範囲外でしたが、1987年の改正によって500kW未満の自家用電気工作物が対象になりました。