電気工事士の資格を更新する方法・申請について1から解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電気工事士は求人にも有利な需要ある資格となります。照明・パソコン・キッチンのIH・携帯電話の充電など、電気は私たち人間が生活するに欠かすことのできないものです。電気工事の仕事は大小問わずにあとを絶たないため、俗に食いっぱぐれのない業種ともいわれます。
ただし、重要な業種であるからこそ電気工事士の資格には厳しいルールがあるのです。そこで、今回は資格更新のやり方と申請方法とを併せてまとめてみました。

  1. 電気工事士の実態とは?
  2. 電気工事士の資格免状更新について
  3. 第一種電気工事士の更新は法令で定められた義務!
  4. 電気工事士の更新を忘れてしまうと?
  5. 電気工事士の更新に関するよくある質問
  6. まとめ

記事を読めば電気工事士の更新について詳しくなり、部下あるいは上司にも雄弁に語ることができます。今はまだピンとこなくても大丈夫です。1から丁寧に解説していきますので、順を追って見ていきましょう。


1.電気工事士の実態とは?

「電気工事士とは何か?」ということから解説していきます。まずは基本をおさらいし、順序良く情報を整理していきましょう。

1-1.職務

電気工事士を広い意味で述べると、一般住宅・ホテルや企業等のビル・工場などの配線設備工事やメンテナンスにかかわる専門職です。電気工事士は常に需要がある仕事といわれています。勤める会社によって金額は異なるものの第一種電気工事士で約4000円、第二種電気工事士で約2000円といった特別手当を用意しているところが多いです。手当をもらえる待遇からも、電気工事士の必要性が如実に表れていますね。

1-2.広義における電気工事士の種類

1-2-1.第一種電気工事士

電気工事士の最上級とも呼べる資格で、500kw未満の電気工事作業であればおよそ従事することが可能です。具体例を挙げますと、中小規模のビルやホテル・工場の屋内配線が該当します。試験に合格しても取得できず、現場で3~5年の経験を積むことでようやく第一種電気工事士の肩書きを入手できるのです。

1-2-2.第二種電気工事士

第一種電気工事士に比べると従事できる作業に制約はあります。しかし、第二種電気工事士は一般用電気工作物の電気工事に当たることが可能です。一般用電気工作物には、

  • 8kwのコージェネレーションシステム用発電機
  • 10kwの太陽光発電設備
  • 15kwの風力発電設備

といった電気工事が当てはまり、仕事内容はさほど多くありません。低い電圧かつ安全性に比較的長(た)けた設備であり、一般家庭をはじめ、小規模なお店や建築物の電気工事に当たることを許可されています。大前提は建屋内です。電気の供給が600v以下でないと業務範囲外となり、第二種電気工事士には電気工事をする資格がありません。
また、そもそもの電気工作物は下記の事柄を定義しています。

  • 発電
  • 送電
  • 変電
  • 配電
  • ダム
  • 水路
  • 貯水池
  • 電線路
  • その他の工作物
  • 電気を使う用途で設置した機械

上記の電気工事が場所・条件によって異なり、一般用電気工作物・自家用電気工作物・電気事業の用に供される電気工作物といった3種に分けられます。

1-2-3.特殊電気工事資格者

特殊電気工事資格者は下記の2つに分かれます。

  • ネオン工事資格者
  • 非常用予備発電装置工事資格者

特殊電気工事は、ネオン工事・非常用予備発電装置工事を意味し、特殊電気工事資格者は500kw未満(最大電力)の設備においてだけ従事することが許されています。
また、電気工事士の最上級である第一種電気工事士であっても、特殊電気工事には携われません。そのため、特殊電気工事資格者も優位性のある資格といえます。

1-2-4.認定電気工事従事者

認定電気工事従事者は、上記の特殊電気工事・電線路関係を除いた500kw未満(最大電力)の設備で、かつ電圧600v以下で扱う簡易電気工事に従事することができます。

1-3.電気工事士の必要性とは

電気工事士が携わる電気工事は、

  • 高所からの転落事故
  • 配電盤での感電事故
  • 小さなミスから生じた漏電火災

といった事故の危険にいつもさらされています。電気工事士法第1条においても、
「この法律は電気工事の作業に従事する者の資格および義務を定め、もって電気工事の欠陥による災害発生の防止に寄与することを目的とする」
と定められているのです。どんなに現場で経験を積んでいても事故は起きます。電気工事士は電気工事に携わる危険・重要度を認識させる意味でも欠かせない資格なのです。
下記は実際に起きた電気工事での事故となります。

  • ベルトのバックルが分電盤の中に触れてショートする
  • 周辺機器に電気が流れているのを確認せず、避雷器に触れて感電
  • 照明用配線工事において「大丈夫だろう」とケーブルの被膜をむいて感電