【必見】電気工事士の資格を取ろう! 電気工事士の仕事内容は?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電気工事士は人気の資格です。しかし、どのような仕事内容なのか分からなくて、本当に取得するべきなのか迷っている、という方も多いことでしょう。

電気工事士がどのようなことをするのか知らずに取得しまった結果、自分には無用の資格で後悔することになることがあります。逆に、知らないがゆえに、どれだけ自分のためになる資格であるのかに気がつけず後悔するなどということもあることでしょう。

そこで、今回は電気工事士の基礎知識についてご紹介していきます。

  1. 電気工事について
  2. 電気工事の種類について
  3. 建築電気工事について
  4. 鉄道電気工事について
  5. 電気工事の施工管理について
  6. 電気工事の需要と職場について
  7. 電気工事に関連する国家資格
  8. 電気工事の資格取得を成功させるためのポイント
  9. 電気工事士にまつわるよくある質問

これらの記事を読むことで、電気工事士の仕事内容や資格の取り方などといった基礎知識を得ることができます。電気工事士の魅力を一緒に学んでいきましょう!


1.電気工事について

1-1.電気工事とは?

電気工事とは、建設業における送電線、配電盤、電灯、電力機器などの設備工事のことです。日本における正確な定義では『一般用電気工作物、または自家用電気工作物を配置・変更する工事のこと』とされています。

1-2.電気工事の必要性

技術が発展し、ハイテクな電子機器が次々に生まれる昨今。電気がなければ料理も作れないほど建物における電気は必要不可欠な時代です。当然電気工事の重要性も高まっており、将来性も高いといえるでしょう。

1-3.準拠する法律

電気保安4法という者があります。『電気工事業法』『電気工事士法』『電気用品安全法』『電気事業法』の4つの法律をまとめた呼び方です。

『電気工事業法』は電気工事業にまつわる法律。『電気工事士法』は電気工事を行う者の資格や義務などにまつわる法律です。『電気用品安全法』は電気用品の安全確保について定められた法律で、『電気事業法』は電気事業や電気工作物の保安確保にまつわる法律となっています。

1-4.必要な資格

電気工事を行うには『電気工事士』の資格が必要です。電気工事士には第1種電気工事士と第2種電気工事士の2段階に分けられています。

また、場合によっては電気主任技術者の資格も必要となってくるでしょう。電気主任技術者には1~3種までがあり、1種が最も上の資格です。