電気工事士の資格試験に必要な圧着工具とは?準備する方法と必要性

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電気工事士の資格試験には実技もあり、圧着工具を使用します。電気⼯事⼠として働くことになると日常的に圧着工具を使用することになるため、そろえておく必要があるでしょう。圧着工具とは、一般的な工具とどう違うのかご存じですか? どのようなシーンでどのような使い方をするのか知っておくと、選び方も簡単になると思います。電気工事士の資格を取得しようとしているなら、ぜひ圧着工具のことも知っておいてください。実技試験でどのような工具が必要なのかも調べておきましょう。この記事では、電気工事士試験を受ける際に知っておくべき圧着工具の必要性や選び方などをまとめてご紹介します。

  1. 圧着工具について
  2. 電気工事士と圧着工具
  3. 電気工事士試験の実技試験について
  4. 電気工事士試験に必要な圧着工具をそろえよう
  5. 電気工事士資格取得のコツとポイント
  6. 電気工事士試験に関するよくある質問

この記事を読むことで、電気工事士の資格試験を受ける前に必要な準備についてわかります。圧着工具をそろえようと思っている人はぜひ参考にしてみてください。


1.圧着工具について

まずは、圧着工具とはどのようなもののことを言うのか解説します。使用目的や種類、価格など、ぜひ参考にしてみてください。

1-1.圧着工具とは?

圧着工具とは、ケーブルと圧着端子を圧縮接合するための工具です。電気コードの配線で使われる端子をつぶすことで、コードと配線を確実に接続します。以前は配線同士を直接ハンダして接続する方法が一般的でした。しかし、1925年ごろにヨーロッパやアメリカで圧着による接続方法が開発され、日本にも急速に普及したと言われています。圧着機能以外に電線を切断するカッター機能や電線被覆の皮をむくワイヤーストリッパー、ボルトを切断するボルトカッター機能などが付いているのが特徴です。

1-2.どんなときに使うのか?

圧縮工具は、配線コード同士をつなぐ場合などに使用されます。端子のかしめや圧着だけでなく、配線コードの切断や被覆をむくこともできるだめ、圧縮工具を使うことでより効率的、かつ安全な接続が可能です。電気修理のほとんどはコードを器具や別のコードに接続する作業であるため、圧着工具が必要な場面は非常に多いと言えるでしょう。

1-3.ほかの工具との違い

圧着工具がほかの工具とどのように違うのか、疑問に思う人も多いでしょう。まず、多機能であるという点、そして、確実な接続ができるという点が大きな違いです。たとえば、配線コードを切るだけの作業であればニッパーでもできます。しかし、圧着工具だと切った配線コードの被覆をそのままむき取ることもできるのです。配線コードの被覆をむき取ることはワイヤーストリッパーでもできますが、その両方を兼ねそろえたのが圧着工具ということになります。さらに、圧着工具はギボシ端子を付けることも可能です。端子のツメをつぶすだけのラジオペンチと違い、配線に端子のツメが食い込むように接続できるため、接触不良などを防いで確実に取り付けることができます。また、圧着端子を付けることもできるという点も、ほかの工具とは大きく異なるでしょう。

1-4.種類

圧着工具にはさまざまな種類があり、電気工事士として働く人は仕事の内容や使いやすさよって使い分けをしています。いくつか種類をご紹介しましょう。

  • リングスリーブ用
  • 裸端子用
  • 閉端子用

電気工事士のほとんどが使用しているのが、リングスリーブ用のハンドブレスと呼ばれる手動式圧着工具です。電気工事士の試験で必要なものもあるため、覚えておきましょう。

1-5.価格

圧着工具の価格は幅広く、3,000円程度で購入できるものもあれば30,000円ほどするものもあります。電気工事士が作業に使う圧着工具には耐久性も求められるため、簡単に壊れることのないしっかりした工具を用意する必要があるのです。そのため、使用頻度の高いプロの職人さんは高い圧着工具を持っています。「資格試験を受けたいだけで電気工事士として働く予定はない」という場合であれば、安い工具でも問題ないでしょう。