【必読】電気の保安業務従事者を知りたい人! 資格取得のコツを伝授!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電気設備のスペシャリストとして、電気の保安業務従事者が存在します。企業において、電気工作物の保安管理を主に行う立場です。今回は、電気の保安業務従事者を知りたい人のために、主な職務や必要な資格などを詳しく解説しました。電気関連で手に職を付けて長く働きたい人やキャリアアップしたい人は、必見です。

  1. 電気の保安業務従事者とは
  2. 電気の保安業務従事者について
  3. 電験3種の資格取得について
  4. 電験3種取得のための勉強法
  5. ​電気の保安業務従事者に関するよくある質問

この記事を読むことで、電気の保安業務従事者に関する深い知識が身に付き、資格取得に必要なことがわかります。実際に、職を得て活躍するためにも有意義な内容です。必ず役に立つので、ひとつずつじっくり学びながら読み進めてください。


1.電気の保安業務従事者とは

最初に、電気の保安業務従事者とは何かを学びましょう。定義や職務・必要性だけでなく、電気主任技術者との違いも解説します。

1-1.電気の保安業務従事者の定義

電気の保安業務従事者とは、電気工作物の保安や点検業務を、企業の委託を受けて行う者を指します。保安業務従事者になるための主なルートは、電気保安協会などに属し電験資格と実務経験を積むことです。

1-2.電気の保安業務従事者の職務

電気保安業務従事者の職務は、主に以下のとおりです。

  • 電気工作物の安全な運用
  • 電気工作物の保安・管理
  • 現場作業員に対する安全教育・指導

1-3.電気の保安業務従事者の必要性について

電気工作物は、安全に運用・保安・管理することが重要です。そのためにも、専門知識を身に付けた人材が必要になります。電気の保安業務従事者は、電気や電気工作物にかんして深い知識を身に付けているため、必要性が高いのです。毎日の業務で安心して電気工作物を使用するためにも、重要な人材と言えるでしょう。

1-4.電気主任技術者との違いは?

電気主任技術者も保安業務従事者と同様に、電気工作物の運用・保安・管理が主な職務であることに違いありません。両方とも、電気や電気工作物のプロです。しかし、電気主任技術者は事業者が自社の従業員の中から認定するのに対し、保安業務従事者は外部に委託する点で大きな違いがあります。