【必見】電気の関連資格を一挙紹介!電気工事士とは?資格試験は?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「就職・転職のために資格を取得したい」「電気に関連する資格について知りたい」など、電気に関連する資格取得を考えている方は多いでしょう。電気に関連する資格には、電気工事士や電気主任技術者・電気工事施工管理技士など種類は豊富です。そこで、それぞれの特徴や取得要件・試験など詳しく説明していきましょう。

  1. 電気・電気設備に関連する国家資格
  2. 電気関連資格の人気・難易度ランキング
  3. 電気工事士とは
  4. 電気工事士の取得要件
  5. 電気工事士の試験について
  6. 電気工事士の講習について
  7. 電気主任技術者について
  8. 電気工事施工管理技士について
  9. 電気通信主任技術者について
  10. 電気に関連する資格に関してよくある質問

この記事を読むことで、電気に関連する資格取得に必要な情報が入手できます。資格を取得するためにも知識を身につけていきましょう。


1.電気・電気設備に関連する国家資格一覧

電気・電気設備に関連する国家資格は一体どんな資格があるのでしょうか。電気設備とは何なのか説明しつつ、それぞれ資格の特徴について説明します。

1‐1.電気設備とは

私たちにとって明かりは大切です。明かりがないと夜に歩くことができません。電気設備は明かりを照らしてくれる大切な設備です。ビルや大型商業施設・マンション・家などあらゆるところに電気設備があります。電気設備に関連する法律には、電気保安・電気事業などが記されている「電気関係法令」・電気事業に関する「電気事業法」などが挙げられるでしょう。

1‐2.資格一覧

それでは、電気工事に関連する資格を大まかに挙げていきます。

1‐2‐1.電気工事士

電気工事士は電気工作物の工事をする資格者です。一般用電気工作物から自家用電気工作物まで取り扱います。第一種・第二種があり、それぞれ取り扱える工事範囲が異なるのです。

1‐2‐2.電気主任技術者

電気主任技術者は第一種~第三種まであり、主に発電所や変電所・工場・ビルなどの受電設備・配線などの保安監督をおこないます。

1‐2‐3.電気工事施工管理技士‎

電気工事施工管理技士は施工計画・施工図の作成や工程管理・品質管理など施工管理を的確におこなうための資格です。

1‐2‐4.電気通信主任技術者

電気通信主任技術者は事業用電気通信設備の工事や維持・運用に関する事項の監督をする資格です。電気通信事業者によって選任されます。

1‐2‐5.その他(民間資格、公的資格など)

ほか、民間資格・公的資格には家電製品アドバイザーや家電製品エンジニア・工事担任者・CATV工事技能者などがあります。

2.電気関連資格の人気・難易度ランキング

電気関連資格の人気・難易度ランキングについて説明しましょう。一体どんな資格に人気が集まっているか、ぜひチェックしてください。

2‐1.上記資格の人気ランキング

上記資格の中で人気があるのは電気主任技術者です。現場で電気工事にたずさわっている人たちに指示をおこなう役職になります。電気設備に関する知識はもちろんのこと、人をまとめる能力が必要です。次に人気があるのは電気工事士・電気工事施工管理技士になります。次いで、電気通信主任技術者です。難易度が高いほど現場で重宝されれており、そのぶん人気があります。

2‐2.難易度ランキング

最も難易度が高いのは「電気主任技術者」です。電気に関する国家資格の中でも1番難しい資格でもあります。次に、電気工事施工管理技士1級・電気工事士第1種・電気工事施工管理技士2級・電気工事士2級です。

2‐3.資格を取る順序

どんな仕事がしたいのかによります。電気設備の工事に携わりたいのなら電気工事士がおすすめです。主に、電気設備の保安監督をしたいのなら電気主任技術者がいいでしょう。電気工事士や電気主任技術者はそれぞれさらに細かい種類にわけられます。資格を取得したい場合、取得要件に当てはまっているか確認しつつ、簡単な資格から取得するのも1つの方法です。また、実務経験が必要な資格もあります。そのため、最初は実務経験なしの資格を取得して経験を積む方も多いです。

3.電気工事士とは

電気工事士の資格概要や職務・種類・目的・職場など詳しく説明しましょう。

3‐1.電気工事士の資格概要

昭和35年8月1日に制定された電気工事業法にもとづいているのが電気工事士の資格です。電気工事に関係する資格や義務、欠陥による災害を未然に防ぐ役割を持っています。

3‐2.職務

電気工事士の主な職務は「電気工作物の工事」です。電気工作物の工事は基本、有資格者だけができる内容になります。ビルや商業施設などの自家用電気工作物は電気工事士の資格が必要です。

3‐3.種類・分類

電気工事士は第一種・第二種にわかれています。工事の範囲が異なるので、資格取得前に必ず確認してください。第1種電気工事士は電線路のぞく600V以下の自家用電気工作物の取り扱いができます。一方、第2種電気工事士が取り扱えるのは一般用電気工作物です。

3‐4.目的、必要性

「電気工事士」は電気工事で発生する災害防止が目的の資格です。電気で発生しやすい感電事故、火災防止に関する専門的な知識を取得しています。

3‐5.職場・求人について

電気工事士の有資格者は職場・転職・就職に大変有利です。持っているだけで資格手当がもらえる可能性もあります。電気工事に詳しい知識を持っている者と証明できるので取得できるならしたほうがいいでしょう。

4.電気工事士の取得要件

電気工事士の取得要件はどんな内容になっているのでしょうか。第一種・第二種にわけて詳しく見ていきましょう。

4‐1.取得要件

電気工事士の資格取得要件はありません。年齢・性別・国籍など一切ないので誰でも受験できます。ただし、第一種電気工事士の取得には条件があるので要注意です。

4‐2.第一種電気工事士

第一種電気工事士は実務経験が必要です。第一種の免状を取得するには、以下の実務経験を必要とします。

  • 実務経験と認められる5年以上の電気工事
  • 大学または高等専門学校において、電気法規・電気機器・電気材料・送電線・電気理論・製図・電気計測の課程を修め卒業した者+3年以上の電気工事

4‐3.第二種電気工事士

第二種電気工事士は実務経験がなくても受験できます。そのため、最初第二種電気工事士を取得して実務経験を積み重ねてください。

4‐4.実務経験について

実務経験と認められる電気工事は決まっています。以下の電気工事を指しているのです。

  • 最大電力500kW以上の自家用電気工作物の設置・変更の工事
  • 最大電力500kW以内の自家用電気工作物の簡易電気工事(認定電気工事事業者認定証取得後)
  • 一般用電気工作物の電気工事(第二種電気工事士免除または旧電気工事士免除を取得後)

5.電気工事士の試験について

電気工事士の試験を受ける前に、受験資格や試験概要・試験科目などチェックしておきましょう。

5‐1.受験資格

取得要件と同じく、受験資格はありません。性別・国籍・年齢関係なく誰もが受験できます。

5‐2.試験概要

申し込み方法や試験日・試験地・受験料金をご紹介します。

5‐2‐1.申し込み方法

試験の申し込みは「ゆうちょ銀行の振込取扱票」と「インターネット」があります。ゆうちょ銀行の場合、受験案内・申込書に入っている受験申請書に必要事項を記入し、検定料と一緒に窓口に提出してください。受験案内・申込書は電気技術者試験センターで申請できます。インターネット申し込みは試験センターのホームページにアクセスして申し込みをしてください。

インターネット受験申し込みページ/受験案内・申込書ページ

5‐2‐2.試験日

電気工事士の試験日は第一種と第二種で異なります。第一種の筆記試験は毎年10月ごろ、技能試験は12月ごろに実施し、第二種は上期試験が6月ごろ、下期試験が10月ごろです。

試験日ページ

5‐2‐3.試験地

試験会場は全国の地区ごとに配置されています。第一種・第二種と資格の種類で異なるため、詳細は以下のURLで確認してください。

第一種電気工事士試験会場/第二種電気工事士試験会場

5‐2‐4.受験料金

検定料は申し込み方法と試験の種類によって異なります。インターネット申し込みのほうが数百円お得です。

  • 第一種:インターネット 10,900円/郵送 11,300円
  • 第二種:インターネット 9,300円/郵送 9,600円

5‐3.試験科目・内容

電気工事士の試験科目・内容は以下のとおりです。

<第1種電気工事士>

  • 電気に関する基礎理論
  • 配電理論および配線設計
  • 電気応用
  • 電気機器、蓄電池、配線器具、電気工事用の材料および工具ならびに受電設備
  • 電気工事の施工方法
  • 自家用電気工作物の検査方法
  • 配電図
  • 発電施設、送電施設および変電施設の基礎的な構造および特性
  • 一般用電気工作物および自家用電気工作物の保安に関する法令

<第2種電気工事士>

  • 電気に関する基礎理論
  • 配電理論および配線設計
  • 電気機器、配線器具ならびに電気工事用の材料および工具
  • 電気工事の施工方法
  • 一般用電気工作物の検査方法
  • 配線図
  • 一般用電気工作物の保安に関する法令

5‐4.受験者数・合格率

受験者数は第二種でおよそ8万人・第一種でおよそ4万人です。合格率は第二種がおよそ55%・第一種がおよそ60%になります。第一種のほうが合格率が高いのは、第二種は実務経験のない初心者が受験するからです。

6.電気工事士の講習について

第一種電気工事士の免状を持っている人は5年ごとに講習の受講が義務づけられています。講習制度の概要や開催詳細についてチェックしていきましょう。

6‐1.講習制度の概要

講習制度は電気工事法第4条の3の規定で決められています。第一種電気工事士免状を受けた日または前回に定期講習を受けた日から5年以内ごとに受講しましょう。

6‐2.開催日時

開催日時は地区によってバラバラです。1年に2~3回開催されています。詳細は以下のURLで確認してください。

第一種電気工事士定期講習日程

6‐3.講習費用

講習費用はテキスト代含めて9,000円です。支払い方法はクレジットカード・コンビニエンスストア支払い・銀行振込のどれかになります。

6‐4.開催場所

開催場所は地区ごとにわけられています。地区ごとに日程や場所が限られているので、必ず確認してください。

開催場所ページ

6‐5.申し込み方法

定期講習の申し込みは電気工事技術講習センターの事前登録から始まります。事前登録をしたら受講期限のお知らせがくるのでインターネット申し込み、または書面での申し込みどちらかを選択してください。インターネットの場合は銀行振込・コンビニエンスストア支払いが可能です。一方、書面での申し込みは専用払込取扱票で支払います。詳細は以下のURLで確認してください。

定期講習受講の流れ

7.電気主任技術者について

電気主任技術者の試験概要・必要性・職務・試験など詳しく説明します。

7‐1.資格概要

発電所や工場、ビルなどの受電設備・配線など電気設備の保安監督をおこなうのが「電気主任技術者」です。電気主任技術者の資格は第1種~第3種まであります。第1種はすべての事業用電気工作物の取り扱いが可能です。第2種は電圧が17万V以内、第3種は電圧が5万V以内の事業用電気工作物と定められています。

7‐2.必要性

電気設備を設けている事業主は保安監督者として必ず電気主任技術者を選任しなければなりません。保安監督者を選任することで、電気設備全体の状態や様子が把握できます。

7‐3.職務・職場・メリット

電気主任技術者として経験を積むと転職に有利です。特に、ビルや商業施設など大きい電気設備を取り扱っている場所では電気主任技術者を必要としています。給与面での期待もできるでしょう。

7‐4.試験について

電気主任技術者は年1回実施されています。毎年9月~10月ごろに試験が実施されており、試験日程は「一般財団法人電気技術者試験センター」で確認してください。

一般財団法人 電気技術者試験センター

7‐4‐1.受験資格

電気主任技術者に受験資格はありません。大学や高等専門学校を卒業すれば試験を受けずに認定されます。

7‐4‐2.試験内容・難易度

電気主任技術者の試験内容は以下のとおりです。

<第1種~第3種電気主任技術者>

  • 電気理論、電気計測および電子計測
  • 発電所および変電所の設計および運転、送電線路および配電線路の設計および運用ならびに電気材料
  • 電気機器、パワーエレクトロニクス、電動機応用、照明、電熱、電気化学、電気加工、自動制御、メカトロニクスならびに電力システムに関する情報伝送および処理
  • 電気法規および電気施設管理

電気に関連する国家資格の中でも難易度は高いです。合格率はおよそ10%前後になります。

8.電気工事施工管理技士‎

電気工事施工管理技士の資格概要や必要性・職務・試験について詳しく説明します。

8‐1.資格概要

電気工事施工管理技士には1級と2級があります。1級を取得すれば建設業の監理技術者・専任技術者へ選任されるのです。2級の場合は一般建設業の専任技術者・主任技術者に選任されます。

一般財団法人建築業振興基金ホームページ

8‐2.必要性

電気工事施工管理技士は建設工事現場では必要不可欠な存在です。全体の工事の流れを把握する大切な役割を持っています。

8‐3.職場・メリット

監理技術者・主任技術者・専任技術者になれる電気工事施工管理技士は職場で重宝されます。現場の声を直接聞き、どうすれば工事がうまくすすめられるのか考える大切な仕事です。だからこそ、資格手当などの給料面も期待できます。

8‐4.試験について

受験資格や試験内容・難易度について説明しましょう。

8‐4‐1.受験資格

電気工事施工管理技士は電気工事の実務経験が必要です。実務経験は1級・2級で異なるため、詳細は以下のURLで確認してください。

電気工事施工管理技士の実務経験内容について

8‐4‐2.試験内容

試験は学科試験・実地試験の2つがあります。学科試験は電気工学等、施工管理法、法規の3科目です。2級の場合は学科試験と実地試験を同時におこないます。しかし、1級の場合は学科試験に受かった人だけが実地試験を受験できる仕組みです。

8‐4‐4.難易度など

電気工事施工管理技士の合格率は1級、2級ともにおよそ45%~50%です。資格試験の難易度は「普通」になっています。一見、簡単に見えるかもしれませんが、実務経験をパスするには勉強が必要です。甘く見てはいけませんよ。

9.電気通信主任技術者

国家資格の1つである電気通信主任技術者の資格についても詳しく見ていきましょう。

9‐1.資格概要

電気通信主任技術者は日本データ通信協会電気通信国家センター実施です。1月と7月の2回開催されています。資格の種類は伝送交換と線路の2つです。

日本データ通信協会電気通信国家センター

9‐2.必要性

電気通信主任技術者は電気通信ネットワークの工事や運用をおこなう監督責任者です。私たちが連絡手段に必要なメール・電話に関する設備の工事という大事な仕事を担っています。電気通信に詳しい資格者が扱わなければ、電気通信に支障をきたすことになるでしょう。安全・安心に運用するためにも必要な存在です。

9‐3.職場・メリット

資格を取得しておけば、転職・就職に非常に有利です。都道府県ごとにも選任しなければならないと決まっているため、必要としている場所は多数あります。スキルアップにもつながる資格といえるでしょう。

9‐4.試験について

電気通信主任技術者の受験資格や試験内容・難易度についてご紹介します。

9‐4‐1.受験資格

電気通信主技術者の試験に受験資格の決まりはありません。誰もが受験できます。

9‐4‐2.試験内容

試験内容はマークシート方式の筆記試験です。午前中は法規・設備に関する問題、午後は専門システムの組み合わせになります。伝送交換・線路それぞれによって試験科目の内容が異なるため、詳細は以下のURLを確認してください。

試験科目詳細

9‐4‐4.難易度など

近年の合格率を見てみると、およそ20%前後です。決して簡単に取得できる資格とはいえません。しかし、きちんと重要ポイントをつかんで勉強すれば必ず取得できます。

10.電気に関連する資格に関してよくある質問

電気に関連する資格に関してよくある質問を5つピックアップしました。ぜひ参考にしてください。

10‐1.電気工事士の給料が知りたい

電気工事士の平均年収はおよそ504万円です。サラリーマンの平均400万円以上になります。

10‐2.資格取得勉強のコツとは?

資格取得勉強のコツは毎日勉強を続けることです。暗記ものが多い試験ほど時間をかけて頭の中にいれていかなければなりません。

10‐3.独学・通信どちらがいいのか?

自分でしっかり管理できるのなら独学でもいいですが、おすすめは通信講座です。SATの通信講座はDVDつきのテキストで勉強できます。DVDはスマートフォンでも再生可能です。

SATの通信講座

10‐4.免状の申請・再交付はどこでおこなえばいいのか?

新規交付の場合は申請者が現在住民登録をしている都道府県、再交付の場合は最初に免状を受けた都道府県になります。

10‐5.免状に必要な住民票・戸籍謄本の注意点

申請日前の6か月の書類を用意してください。氏名変更があれば、戸籍謄本に内容が記載されているかどうか、必ず確認しましょう。

まとめ

いかがでしたか?電気に関連する資格は多種多様です。資格概要をきちんと把握して、自分の仕事に合っている資格を取得しましょう。仕事と勉強の両立は大変ですが、試験内容や重要ポイントを把握しておけば合格できます。できるだけ、毎日勉強を続けてくださいね。