【必見】電気関連のおすすめ資格を一挙紹介!電気工事士とは?資格試験は?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「就職・転職のために資格を取得したい」「電気に関連する資格について知りたい」など、電気に関連する資格取得を考えている方は多いでしょう。電気に関連する資格には、電気工事士や電気主任技術者・電気工事施工管理技士など種類は豊富です。そこで、それぞれの特徴や取得要件・試験など詳しく説明していきましょう。

  1. 電気・電気設備に関連する国家資格
  2. 電気関連資格の人気・難易度ランキング
  3. 電気工事士とは
  4. 電気工事士の取得要件
  5. 電気工事士の試験について
  6. 電気工事士の講習について
  7. 電気主任技術者について
  8. 電気工事施工管理技士について
  9. 電気通信主任技術者について
  10. 電気に関連する資格に関してよくある質問

この記事を読むことで、電気に関連する資格取得に必要な情報が入手できます。資格を取得するためにも知識を身につけていきましょう。


1.電気・電気設備に関連する国家資格一覧

電気・電気設備に関連する国家資格は一体どんな資格があるのでしょうか。電気設備とは何なのか説明しつつ、それぞれ資格の特徴について説明します。

1‐1.電気設備とは

私たちにとって明かりは大切です。明かりがないと夜に歩くことができません。電気設備は明かりを照らしてくれる大切な設備です。ビルや大型商業施設・マンション・家などあらゆるところに電気設備があります。電気設備に関連する法律には、電気保安・電気事業などが記されている「電気関係法令」・電気事業に関する「電気事業法」などが挙げられるでしょう。

1‐2.資格一覧

それでは、電気工事に関連する資格を大まかに挙げていきます。

1‐2‐1.電気工事士

電気工事士は電気工作物の工事をする資格者です。一般用電気工作物から自家用電気工作物まで取り扱います。第一種・第二種があり、それぞれ取り扱える工事範囲が異なるのです。

1‐2‐2.電気主任技術者

電気主任技術者は第一種~第三種まであり、主に発電所や変電所・工場・ビルなどの受電設備・配線などの保安監督をおこないます。

1‐2‐3.電気工事施工管理技士‎

電気工事施工管理技士は施工計画・施工図の作成や工程管理・品質管理など施工管理を的確におこなうための資格です。

1‐2‐4.電気通信主任技術者

電気通信主任技術者は事業用電気通信設備の工事や維持・運用に関する事項の監督をする資格です。電気通信事業者によって選任されます。

1‐2‐5.その他(民間資格、公的資格など)

ほか、民間資格・公的資格には家電製品アドバイザーや家電製品エンジニア・工事担任者・CATV工事技能者などがあります。