コンセント工事・交換に資格は必要か? 試験内容やおすすめの勉強法

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

コンセントは、プラグを差し込み接続して電源を確保するために必要な機器です。新築や増築の際には、コンセントの工事が必要になるでしょう。スイッチやコンセントの配線接続・交換・増設を行う場合は、「電気工事士」という資格が必要です。しかし、どのように資格を取得すれば良いのでしょうか。そこで、本記事では、コンセント工事の基礎知識・必要な資格・試験内容・勉強法について説明します。

  1. コンセントの工事について
  2. コンセント工事に必要な資格について
  3. 電気工事士の試験について
  4. 電気工事士の資格取得のための勉強法
  5. コンセントの工事に関してよくある質問

この記事を読むことで、コンセントの工事に必要な資格や取得方法などを知ることができます。資格取得を目指している方は、ぜひチェックしてください。


1.コンセントの工事について

コンセントの工事ができる資格について知る前に、基礎知識を身につけることが大切です。ここでは、コンセントの概要や工事・誰が工事できるのかについて詳しく説明します。

1-1.コンセントとは

コンセントとは、電流を流すための受け口です。屋内配線に使う接続器具で、パソコンやスマートフォンを充電したり、家電製品を使ったりするときに利用します。壁などに固定できる構造のものなので、賃貸物件に最初からついているものです。コンセントを使うときは、コードの先端につけてある差し込みプラグを差し込みます。
コンセントの種類は、電圧・設置の有無など多種多様です。主なコンセントは、単相100V・単相200V・三相200Vの3つがあります。一般家庭で用いられるのは単相100Vコンセントです。業務用冷蔵庫やエアコンを使用する場合は、200Vコンセントを使います。

1-2.コンセント工事とは

家のコンセントの数を増やしたい・新しくしたい・家を建てる場合などに、コンセント工事を行います。また、コンセントが急に使えなくなることもあるでしょう。故障した場合は、すぐに修理しなければなりません。修理のときも、コンセント工事が必要となります。

1-3.誰が工事できるか

コンセント工事は、電気工事・配線修理の一種です。基本的に、電気工事や配線工事は、無資格ではできない工事となっています。コンセント工事は、普段からDIYを得意としている人でも簡単にできる作業だと思うでしょう。しかし、感電・火災を起こす危険性があるため、安易に作業するのは危険です。きちんと専門知識を持った有資格者が工事を行わなければなりません。