【必見】電気管理技術者になるには?電気管理の資格を徹底解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電気は、私たちの暮らしに欠かすことができないものです。また、企業においても、電気工作物を用いることでさまざまな活動を支えています。しかし、電気は取り扱いを間違うと大きな事故につながるため、保安や運用・工事に関する専門知識を持った人材が必要になるのです。そこで、今回は、電気のスペシャリストである電気管理技術者のことを知りたい人のために、詳しく解説します。

  1. 電気管理技術者とは?
  2. 電気管理技術者の要件について
  3. 電気管理技術者に関連する資格について
  4. 電気主任技術者の資格試験について
  5. 電気管理技術者に関するよくある質問

この記事を読むことで、電気管理技術者に詳しくなり、理解を深めることができます。また、必要な経験や資格などがわかるのでとても有益です。電気管理技術者として仕事をするためにも、まずは、記事を読み進めてひとつずつ学んでいきましょう。


1.電気管理技術者とは?

最初に、電気管理技術者についての基本を学びます。職務や必要性など、しっかり理解しておきましょう。

1-1.電気管理技術者とは

電気管理技術者とは、個人事業者として自家用電気工作物の電気保安に関する業務を行う者です。電気事業法施行規則第52条の2に規定があります。事業者が自家用電気工作物を保有する場合は、電気管理技術者との契約で「電気主任技術者の選任が不要になる」のです。

1-2.電気管理技術者の職務やできること

電気管理技術者の職務には、以下のようなものがあります。

  • 自家用電気工作物の点検・保安
  • 自家用電気工作物の修理
  • 電気工事の指揮・監督
  • 官庁の立ち入り検査の立ち会い

1-3.電気管理技術者の必要性

電気管理技術者は、事業者が電気工作物を扱うとき、かつ、自社で電気主任技術者など、人材を確保できないときに必要になります。電気工作物を正しく維持管理・保安に努めることは、事故を防ぎ、安全に業務を進めるためにも必要不可欠です。電気管理技術者は、工場だけでなく、大型店舗や施設など、電気工作物を取り扱う限り需要がなくなることはありません。

1-4.外部委託承認について

事業者が電気管理技術者に保安業務の委託をする場合は、経済産業大臣もしくは産業保安監督部長の承認を受けることで電気主任技術者の選任を免除されることがあります。ただし、以下の条件のうち、いずれかを満たす必要があるので注意してください。

  • 7,000ボルト以下で受電する需要設備
  • 出力1,000キロワット未満の発電所(原子力発電所以外)
  • 600ボルト以下の配電線路を管理する事業場