電気の資格にはどんな種類がある? 今取得するべき資格はコレ!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「電気の資格を取得したいが、どれがいいのだろう」「今、取るべき資格を知りたい」とお考えではないでしょうか。電気の資格は多数あり、どれを取得するといいのか迷いますよね。まずは、それぞれの特徴や取得した場合のメリットなどを詳しく知ることが大切です。そこで今回は、電気の資格の種類について詳しく解説します。

  1. 電気関連の資格について
  2. 電気の資格にはどんな種類がある?
  3. 電気の資格で難易度が高いものは?
  4. 電気の資格を取得する方法
  5. 電気の資格に関するよくある質問

この記事を読むことで、電気の資格にはどんな種類や特徴があるかよく分かり、必要な資格を習得する準備ができます。まずは、記事を読んでみてください。


1.電気の資格について

最初に、電気の資格について基本を見ていきましょう。

1-1.電気の仕事は多くの種類がある

電気の仕事は、多岐にわたります。たとえば、以下をご覧ください。

  • 電気設備の設置・撤去工事
  • 配線工事
  • 電気設備の設計
  • 電気設備の施行管理
  • 電気設備の維持・保安・運用

電気の仕事には、危険や困難が伴います。たとえば、配線を間違えれば、ショートしたり漏電したりして大きな事故につながることもあるでしょう。電気設備の不具合を見つけられず放置するのも同様です。そのため、電気の仕事にはそれぞれの専門知識を身につけたスペシャリストが必要になります。

1-2.電気の資格があれば仕事に困らない

電気の資格を取得する主なメリットには、以下のようなものがあります。電気関連の仕事は多数あり、専門性が求められるため取得をして損はないでしょう。

  • 就職や転職に有利
  • 社内キャリアアップや昇進の決め手になる
  • 年収アップにつながる
  • 専門性の高い仕事ができる
  • 企業にとって必要性の高い人材になれる

2.電気の資格にはどんな種類がある?

電気の資格の主な種類を詳しく解説します。

2-1.電気工事士は電気工事を行う

電気工事士は、工場やビルなどで電気の配線や電力機器の設置・整備や取り外し工事などを行うことができる資格です。無資格者は、有資格者の指導・監視下であっても一切の電気工事を行うことはできません。電気工事士には、第一種と第二種の2つの区分があります。

  • 第一種:事業用電気工作物のうち、工場やビルなど最大電力500kW未満で受電する設備の工事(第二種の範囲も可能)
  • 第二種:一般住宅や店舗など600V以下で受電する設備の工事

2-2.電気主任技術者は電気設備の保安監督を行う

電気主任技術者は、電気設備や配線・受電設備の保安監督を行う資格です。電気主任技術者には、第一種から第三種まで3種類あります。発電所・変電所・工場・ビルなどが主な職場です。

  • 第一種:すべての事業用電気工作物の取り扱いが可能
  • 第二種:17万V未満の事業用工作物の取り扱いが可能
  • 第三種:5万V未満の事業用工作物の取り扱いが可能(出力が5,000kW以上の発電所以外)

2-3.電気通信主任技術者はネットワークに関する工事などを行う

電気通信主任技術者は、1985年に作られた比較的新しい資格でネットワークに関する工事や電気通信の工事や維持・運用を監督するためのものです。電気通信主任技術者には、以下の2種類があります。

  • 伝送交換主任技術者資格者証:電気通信事業において伝送交換設備などの工事・維持・運用を行う
  • 線路主任技術者資格者証:電気通信事業において線路設備などの工事・維持・運用を行う

2-4.電気工事施工管理技士

電気工事施工管理技士は、さまざまな工事現場において電気工事の全体管理・監督をする資格です。電気工事施工管理技士には、1級と2級の2種類があります。

  • 1級:一般または特定建設業の営業所の専任技術者・現場の主任技術者や監理技術者になれる
  • 2級:一般の営業所の専任技術者や現場の主任技術者になれる

2-5.そのほかの電気関連資格も多数ある

そのほかにも、電気関連の資格は多数あります。たとえば、以下のような資格です。

  • 電気通信工事担当者:電気通信ネットワーク工事・施工・電子ネットワークの運用などの監督責任者となる
  • 配電制御システム検査技士(1級・2級):配電盤類の検査・故障対策・設定・材料の品質検査や保全を行う
  • CATV技術者(総合監理・エキスパート・1級・2級):

専門性を高めたり視野を広げたりするためにも、必要に応じて取得を目指すといいでしょう。

3.電気の資格で難易度が高いものは?

電気の資格は、種類によって難易度が異なります。主な資格の難易度を見ていきましょう。

3-1.第一種電気主任技術者が最難関

電気の資格の中でも、難易度が高いのは電気主任技術者です。人気の高い電気の資格を難易度が高い順に並べると、以下のようになります。

  1. 第一種電気主任技術者
  2. 第二種電気主任技術者
  3. 第三種電気主任技術者
  4. 1級電気工事施工管理技士
  5. 第一種電気工事士
  6. 2級電気工事施工管理技士
  7. 第二種電気工事士

3-2.難易度の低いもの・必要なものから取得する

電気の資格は、難易度の低いものから取得するのが基本です。1級と2級ならば、2級から取得することをおすすめします。なお、異なる資格の取得を目指す場合は、受験資格の有無を確認してみてください。すでに所持している資格や実務経験などにより、科目免除で受験できることがあります。また、条件をクリアすれば、電気主任技術者など、試験を受けずに申請による認定(所定の学歴や実務経験が必要)での資格取得も可能です。まずは、目指す資格をピックアップし、受験資格や資格取得方法を確認して、効率よく取得していきましょう。

4.電気の資格を取得する方法

電気の資格を取得する方法を、種類別に解説します。

4-1.電気工事士

電気工事士試験の内容は、以下をご覧ください。

  • 試験日程:第一種(筆記試験10月・技能試験12月)・第二種(上期は筆記試験6月・技能試験7月、下期は筆記試験10月・技能試験12月)
  • 試験科目:筆記試験(第一種は電気に関する基礎理論など9科目・第二種は電気に関する基礎理論など7科目)・技能試験(第一種は自家用電気工作物の検査など9項目・第二種は一般用電気工作物の検査など9項目の一部もしくは全部から出題)
  • 受験料:9,600円(ネット9,300円)
  • 申し込み方法:書類申請もしくはインターネット申請

電気工事士試験に関するより詳しい内容は、こちらの記事をご覧ください。

4-2.電気主任技術者

電気主任技術者試験の詳細は、以下のとおりです。電気主任技術者試験には、受験資格はありません。

  • 試験日程:第一種と第二種(一次試験9月上旬ごろ・二次試験11月下旬ごろ)・第三種9月上旬ごろ
  • 試験科目:第一種と第二種は一次試験(理論・電力・機械・法規)・二次試験2科目(電力・管理、機械・制御)、第三種は一次試験のみ(理論・電力・機械・法規)
  • 受験料:第一種と第二種12,800円(ネット12,400円)・第三種5,200円(ネット4,850円)
  • 申し込み方法:書類申請およびインターネット申請

試験に関する詳しい内容は、こちらの記事をご覧ください。なお、学歴や実務経験年数など所定の条件を満たした場合、申請による認定で資格取得も可能です。

4-3.電気通信主任技術者

電気通信主任技術者試験の内容は、以下をご覧ください。

  • 試験日程:1年1回1月下旬ごろ
  • 試験科目:法規・伝送交換設備(または線路設備)・設備管理・専門的能力と電気通信システム
  • 受験料:18,700円
  • 申し込み方法:書類申請もしくはインターネット申請

電気通信主任技術者試験に関するより詳しい内容は、一般財団法人日本データ通信協会電気通信国家試験センターのホームページを参考にしてください。

4-4.電気工事施工管理技士試験

電気工事施工管理技士試験の詳細は、以下をご覧ください。

  • 試験日程:1年1回11月ごろ
  • 試験科目:学科試験(電気工学など・施工管理法・法規)と実地試験(施工管理法)
  • 受験料:11,800円
  • 申し込み方法:書類申請のみ

なお、電気工事施工管理技士試験に関するより詳しい内容は、こちらの記事を参考にしてください。

5.電気の資格に関するよくある質問

最後に、電気の資格に関する質問に回答します。それぞれ確認してください。

Q.第一種電気主任技術者をいきなり受けてもいい?
A.受けても構いません。しかし、合格率が低く、難易度が高い試験であるため十分な対策が必要です。実務経験がない・専門知識に乏しいのなら、第三種・第二種から受けることをおすすめします。

Q.複数種の資格を取得したら必ず収入が上がる?
A.職場と状況によります。職場によっては、資格取得をしても収入アップにつながらないこともあるでしょう。高収入を目指すなら転職も視野に入れてみてください。

Q.電気工事士と電気主任技術者の両方を取得するメリットは?
A.仕事の幅が広がり、電気工事のスペシャリストとして現場から重宝されることです。専門知識やできることが増え、仕事が効率よく進むのでやりやすくもなるでしょう。

Q.電気の資格を取得すれば中高年でもリストラされない?
A.企業にとって必要な人材となるので、リストラされにくくなるでしょう。もちろん、資格取得後の勤務態度や実績も大きく影響するので安心しすぎないでください。

Q.仕事で忙しいが資格取得に向けてどんな準備をするべきか?
A.効率よく学習して基礎知識を身につけることと、過去問などの利用で解答力を上げることを同時進行するといいでしょう。たとえば、当SATでは第三種電気主任技術者講座など、電気の資格取得を目指した講座を多くご用意しています。ぜひ、ご検討ください。

まとめ

今回は、電気の資格の種類について詳しく解説しました。電気の資格を取得すれば、転職・就職に有利になり、年収アップも期待できるなど大きなメリットがあります。しかし、電気の資格には、さまざまな種類があり難易度も異なるものです。まずは、どんな資格があるのかを知り、必要な資格をピックアップしてみましょう。複数の資格取得を目指すためには、難易度の低いものから挑戦することをおすすめします。また、科目免除での受験や認定による取得ができる視覚もあるので、よく調べてみるといいでしょう。