電気設備の技術基準を定める省令って何?資格取得に必要?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電気は私たちの暮らしになくてはならないものです。
建築物を造ったり建物をリフォームしたりする際、電気工事は欠かせません。
しかし、電気は扱い方や工事の仕方を間違えると火災をはじめとする災害の原因になります。
そのため、電気設備に関する技術基準を定める省令という決まりで、電気設備の維持、工事、安全の要件を具体的に定めているのです。
そこで、今回は電気設備に関する技術基準はどのような省令か、ということとそれに定められた資格についてご紹介しましょう。

  1. 電気設備に関する技術基準を定める省令とは?
  2. 電気設備の技術基準の解釈とは?
  3. 電気設備の技術基準の解釈にはどんなことが定められているの?
  4. 電気工事法って何?
  5. 電気工事士の資格を取得するメリットと資格取得の方法
  6. 電気設備の技術基準を定める省令に関するよくある質問

電気工事に関する資格は、需要が高いので社会人にも人気があります。
取得を目指している方は電気設備に関する技術基準を定める省令に対する知識は必須です。
ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.電気設備に関する技術基準を定める省令とは?

私たちの生活に欠かせない電気。建物内で電気を使うには電気工事が必要です。
また、設置した電気設備を安全に使うためには定期的な点検が欠かせません。
工事がいいかげんだったり、点検を怠ったりすれば漏電やそれを原因とする火災などが起こります。
また、電気には「電圧」という電気を流そうとする力があるのです。
この電圧が強すぎたたり逆に弱すぎたりすれば、電磁波障害をはじめとする不具合が起こるでしょう。
このような電気の安全を確保するために制定されたものが「電気設備に関する技術基準を定める省令」なのです。
電気事業法に基づき、電気工作物(家庭用・商業用の電気設備)に適用される技術基準、審査基準になります。
つまり、電気工事にかかわる方が必ず知っておかなければなりません。
そのため、電気工事をはじめとする電気にかかわる資格を取得するための試験には、この省令に関する問題も出されます。
この省令は、1911年(明治44年)に制定され、1997年(平成9年)に全面改訂され、今に至っているのです。