電気設備の点検・法定点検をマスター!関連資格もバッチリ紹介!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電気設備は、私たちが豊かな暮らしを送るために欠かすことができない存在となります。適切に電気を使用する環境が整っているおかげで、私たちは便利に過ごすことができるのです。しかし、電気設備の正常な運営を維持するためには、定期的に点検を行うことが大切と言えます。電気設備の点検をきちんと行うことで、故障や災害を防止することができるからです。では、電気設備の点検とはどのような内容で行っているのでしょうか。今回は、電気設備の点検や法定点検について、詳しく解説します。

  1. 電気設備とは
  2. 電気設備の点検について
  3. 電気設備の保安規定について学ぼう
  4. 電気設備の点検や保安に関する資格を解説
  5. 電気設備の点検・法定点検や資格に関するよくある質問

電気設備の点検は、安全に作業を進めるための基本です。記事を読んだ人は、電気設備の基本から点検の必要性・さらには電気設備の保安規定などに詳しくなることができます。また、電気技術主任者や電気工事の資格についても理解を深めることができるでしょう。電気設備関連での仕事を考えている人や仕事をしたい人は、ぜひ読んでくださいね。


1.電気設備とは

まずは、電気設備とはどんなものなのか基本を学ぶことにします。準拠する法律や電気設備の種類などの知識を身に付けましょう。

1-1.電気設備の概要

電気設備とは、発電・変電・送電・配電・電気の使用に関する設備のことを呼びます。つまり、電気を使用するすべての設備と考えてください。発電機や変電設備・送電設備など、電気設備の種類はたくさんあります。さまざまな電気設備があることで、私たちの暮らしが豊かになっているのです。

1-2.準拠する法律について

電気設備は、電気事業法に準拠しています。電気事業法は、電気事業および電気工作物の保安を定めた法律です。電気設備の運用や保守を行うときは、電気事業法で規定された内容を守ることを心掛けてください。なお、電気事業法に関連する法律には、電気用品安全法・電気工事士・電気工事業の業務の適正化に関する法律の3つがあります。それぞれの関連資格についても内容を理解することが大切です。

1-3.電気設備の種類を解説

電気設備には、どんな種類があるのでしょうか。ここでは、電気設備の種類を具体的にご紹介します。

1-3-1.一般用電気工作物

一般用電気工作物は、一般家庭や商店などで使用する電気設備です。一般用電気工作物の条件には、以下のようなものがあります。

  • 600ボルト以下の電圧で電気の供給を受けていること
  • 外部から供給された電気を使用する目的のもの
  • 電気の受電点と電気を使用する工作物が同じ建物にあること
  • 電気の供給を受けるための電線路だけが外部に出ていること
  • 爆発や引火の恐れがある場所に置いていないこと

一般用電気工作物は、私たちが日常生活を送るために欠かすことができません。なお、一般用電気工作物には、低圧需要設備と小出力発電設備があります。低圧需要設備は、600ボルト以内の電圧で受電する電気設備のことで、小出力発電設備は家庭用太陽光パネルのように発電可能電力が小さなもののことです。

1-3-2.事業用電気工作物

事業用電気工作物は、事業用に使用する電気設備のことを言います。事業用電気工作物には、以下の2つのパターンがあることを学びましょう。

  • 電気事業用の電気工作物:発電所・変電所・送電設備
  • 自家用電気工作物:高圧・特別高圧の電圧で受電する電気設備など

なお、電気工事士では、自家用電気工作物の定義を最大電力500 キロワット未満の設備としています。