電気設備の小事典~電気工作物を扱う資格の業務範囲を完全解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電気工事の仕事をするには、対応する電気系資格が必要です。しかし、電気系の資格にはいろいろな種類があり、一見しただけではどれを取得すれば良いのか分かりません。

そこで、こちらでは電気設備の種別を解説することにしました。もちろん、種別ごとに“工事をするには、どんな資格が必要なのか”まで記載しています。

  1. 電気設備って、そもそも何!?
  2. 電気工作物の種類を確認する!
  3. 電気工作物の保安・工事に関する規定とは?
  4. 電気設備に関する資格を詳しく知る!

こちらのページを読めば、“どんな電気設備を扱うのにどの資格が必要か”は一目瞭然になることでしょう。


1.電気設備って、そもそも何!?

電気設備というのは、非常に範囲の広い言葉です。基本的に、電気に関する機械や設備は、すべて広義の電気設備といえます。まずは言葉の定義を解説することにしましょう。

1-1.電気設備の定義は?

たとえば、発電機は当然、電気設備です。ですから、東京電力が保有する電子力発電所の発電機から、一般家庭の屋根に設置された太陽光発電のパネルまで、すべて電気設備と呼ばれます。ほかにも、水力発電に用いられるダムは、ダム全体が電気設備です。もちろん、変電所の設備も電気設備ですし、一般家庭にある配電盤も電気設備になります。

つまり、電気設備という言葉自体は、電気使用に関連するすべての施設・設備を指すわけです。ここまで話が大きくなると、電気系の資格に限った話題ではなくなってしまいますね。そこで、今回はもう1つの言葉を覚えてください。電気工作物という言葉です。

1-2.電気工作物ってどういう意味?

電気工作物は、電気設備より範囲の狭い言葉になります。電気工作物は以下の用途で用いられる設備を指す言葉です。

  • 発電(電気を発生させる)
  • 変電(電圧・周波数を変換、交流と直流の相互変換)
  • 送電(発電した電力を供給し、供給システムを運用する)
  • 配電(電力を要する家・事業所の受電設備に電力を配る)
  • 電気使用(実際に電力を活用する)

以上のような役割を帯びた設備が、電気工作物であることの条件です。設備の規模や形状は原則として問われません。機械であれ、大型のダムであれ、あるいは電線路であれ、すべて電気工作物です。

ただし、例外は存在していますので、以下に例外事項を列挙することにしましょう。

  • 電圧30ボルト未満の電気設備で、電圧30ボルト以上の設備と接続されていないもの
  • 車両や船舶、航空機といった乗り物に設置されている電気設備のうち、ほかの電気設備に電気を供給しないもの

以上の例外は、電気事業法という法律によって決められています。つまり、電気工作物は、電気設備のうち、電気事業法によって定められた設備を指す言葉なのです。

12