電気設計の資格をご紹介!電気工事に必要な資格を取得しよう!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

私たちの生活に必要不可欠な「電気」。電気の工事や設計は、回路や配線器具・電線管・ケーブルの選定など基礎知識から専門的な知識まで幅広く習得することが大切です。きちんと正しい知識を持っていなければ、安全・安心して電気を扱うことができません。特に、電気の設計や工事にたずさわる仕事をしている方は、専門知識が必要になります。そこで、電気の設計とは何なのか、関連する資格の種類など詳しく説明しましょう。

  1. 電気の設計とは
  2. 電気の設計の資格について
  3. 電気工事士とは
  4. 電気主任技術者について
  5. 電気工事施工管理技士について
  6. 電気通信主任技術者について
  7. 電気の設計や資格に関してよくある質問

この記事を読むことで、電気の設計に必要な知識が身につきます。関連する資格の種類がわかり、自分に合った資格試験を選ぶことができるでしょう。電気の設計に関する資格が知りたい方は必見です。


1.電気の設計とは

電気の設計に関する資格を知る前に、まずは、電気設計の基礎を知る必要があります。電気の設計はどんなものなのか、メリットなど詳しく見ていきましょう。

1-1.どんなものか

電気設計は、主に電気回路・電子機器・機械などの開発・設計・検証・不具合対応をおこなうことです。図面作成や修正・評価など幅広い業務を担当します。電気設計は電気を使用する設備や機器の‟制御部分”にあたる回路設計です。設計に必要な複数のCADソフトやアプリケーションソフトへの対応がある程度必要になるでしょう。CADソフトとは、コンピューターを使用して設計・製図をするシステムのことです。

1-2.求められる職場について

電気設計を求められる職場は、電気設備関連の仕事にたずさわる場所です。たとえば、電気・電子・精密機器を開発している会社や電気設備会社・管理会社・家電メーカー・建築会社・IT関連など幅広い職場があります。‟設計エンジニア”として働くことになり、専門知識を得ている有資格者は特に優遇される存在です。

1-3.メリット

電気の設計は、常識にとらわれない技術力が求められます。幅広い機械の電気設計を手がけることで、一流の技術者へと成長でき、多くの現場で重宝されるでしょう。単に、電気回路設計技術だけではなく、メカやソフト技術においても関心を持つとよりスキルアップを目指すことができます。電気設計の職場は幅広いので、あらゆる経験をして知識を習得できるメリットがあるのです。