仕事の幅を広げたい人必見!電気工事や電気設備に関する資格を一挙紹介

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電気関係の仕事をする上で、目指すべき資格があります。電気に関わる資格の需要は高く、転職や就職にも有利になるでしょう。特に、電気工事士や電気主任技術者を目指している人は多いはずです。そもそも、電気工事や電気設備に関する資格にはどのようなものがあるのでしょうか?「電気関係の仕事でもっと上に行きたい」という人は、ぜひチェックしてください。

「電気工事や電気設備に関する資格の種類は?」「資格を取得するにはどうしたらよいのか?」「資格取得のための勉強方法は?」そんな疑問をお持ちの方のために、電気工事や電気設備に関する資格の種類や取得方法・勉強方法についてまとめました。

  1. 電気工事・電気設備に関する資格の種類
  2. 資格の取得方法
  3. 資格取得のための勉強方法
  4. まとめ

1.電気工事・電気設備に関する資格の種類

1-1.電気工事士

電気工事士は、ビルや一般住宅などの安全を守るために定められた資格です。電気工事に関する一定以上の知識と技術を持っていることを証明します。国家資格であり、電気工事士の資格を取得していなければ電気工事に従事できないよう規制があるのです。電気工事士資格には、第一種電気工事士と第二種電気工事士があります。上位資格なのは第一種電気工事士で「電気工事をするための資格」として認知されているでしょう。

たとえば、電線を造営材に直接固定するような工事や、電線を電線管に収容する工事などを行うには、電気工事士の資格を取得しておく必要があります。電気工事士資格を持たない者が工事することは、電気工事に不良が発生する可能性が高く、感電事故や火災発生の恐れがあるのです。

第二種電気工事士

第二種電気工事士は、住宅や個人事業所など比較的小規模な電気工事を行うための資格です。たとえば、コンセント本体を壁に取り付ける、分電盤を取り付けるなどの工事を行う際は、第二種電気工事士の資格を取得している必要があります。ただし、第二種電気工事士資格の取得者であっても、電気工事を行うことができる範囲は「一般用電気工作物」までと制限があるのです。

第一種電気工事士

第一種電気工事士は、ビルや工場などの大規模な施設の電気工事を行うための資格です。「自家用電気工作物」で最大電力500キロワットに満たない需要設備工事が可能になります。第一種電気工事士は、電気工事に関する仕事に従事する者にとって、まさに「目指すべき資格」と言えるでしょう。

1-2.電気主任技術者

発電所や変電所などの電気設備維持管理・運用を行うことができる資格が電気主任技術者です。電気主任技術者資格は、工業高校や専門学校の電気学科では特に取得を推奨する国家資格となります。第三種電気主任技術者の資格を取得することで50,000ボルト以下の電気設備や、5,000キロワット以下の発電設備の管理ができるのです。高圧受電を行っている施設は多く、その維持管理を行う電気主任技術者の需要は高くなっています。非常に人気のある資格といえます。

12