仕事の幅をもっと広げたい人のために!電気工事や電気設備に関する資格について

このエントリーをはてなブックマークに追加

電気関係の仕事をする上で、目指すべき資格があります。
電気にかかわる資格の需要は高く、転職や就職にも有利になるでしょう。
特に、電気工事士や電気主任技術者を目指している人は多いはず。
そもそも、電気工事や電気設備に関する資格にはどのようなものがあるのでしょうか。
「電気関係の仕事でもっと上に行きたい」という人は、ぜひチェックしてください。

  • 電気工事や電気設備に関する資格の種類は?
  • 資格を取得するにはどうしたらよいのか?
  • 資格取得のための勉強方法とは?

そんな人たちのために、電気工事や電気設備に関する資格の種類や取得方法、勉強方法についてまとめてみたいと思います。

目次

  1. 電気工事・電気設備に関する資格の種類
  2. 資格の取得方法
  3. 資格取得のための勉強方法
  4. まとめ

1.電気工事・電気設備に関する資格の種類

1-1.電気工事士

電気工事士は、不良な電気工事によって発生する災害を防止するために定められた資格です。
電気工事に関する一定以上の知識と技術を持っていることを証明します。
国家資格であり、電気工事士の資格を取得していなければ電気工事に従事できないよう規制があるのです。
電気工事士資格には、第一種電気工事士と第二種電気工事士があります。
上位資格なのは第一種電気工事士で「電気工事をするための資格」として認知されているでしょう。
たとえば、電線を造営材に直接固定するような工事や、電線を電線管に収容する工事などを行うには、電気工事士の資格を取得しておく必要があります。
電気工事士資格を持たない者が工事することは、電気工事に不良が発生する可能性が高く、感電事故や火災発生の恐れがあるのです。

第二種電気工事士

第二種電気工事士は、住宅や個人事業所など比較的小規模な電気工事を行うための資格です。
たとえば、コンセント本体を壁に取り付ける、分電盤を取り付けるなどの工事を行う際は、第二種電気工事士の資格を取得している必要があります。
ただし、第二種電気工事士資格の取得者であっても、電気工事を行うことができる範囲として「一般用電気工作物」までに制限があるのです。

第一種電気工事士

第一種電気工事士は、ビルや工場などの大規模な施設の電気工事を行うための資格です。
「自家用電気工作物」で最大電力500キロワットに満たない需要設備工事が可能になります。
第一種電気工事士は、電気工事に関する仕事に従事する者にとって、まさに「目指すべき資格」と言えるでしょう。

1-2.電気主任技術者

発電所や変電所などの電気設備維持管理・運用を行うことができる資格が電気主任技術者です。
電気主任技術者資格は、工業高校や専門学校の電気学科では特に取得を推奨する国家資格となります。
第三種電気主任技術者の資格を取得することで50000ボルト以下の電気設備や、5000キロワット以下の発電設備の管理ができるのです。
高圧受電を行っている施設は多く、その維持管理を行う電気主任技術者の需要は高くなっています。
非常に人気のある資格と言えるでしょう。

2.資格の取得方法

2-1.第二種電気工事士の資格

第二種電気工事士の試験難易度は、電気関連資格の中でも比較的簡単です。
一次試験は、基礎的な数学が理解できていれば合格できるでしょう。
問題は二次試験です。
電線や電気材料を使用した実施試験が用意されており、繰り返し配線工事の練習を行う必要があるでしょう。
第二種電気工事士の受験者数は年々増加しており、合格率は筆記試験が50~60%、実地試験が60~80%となっています。

2-2.第一種電気工事士の資格

第一種、第二種ともに、電気工事士の受験資格に制限はありません。
ただし、第一種電気工事士の資格を取得するためには実務経験が必要です。
つまり、実際に電気工事士としての実務経験を積んでいる人だけが資格を取得することができます。
たとえ大学や専門学校に通った場合でも、電気工事の実務経験が資格取得の条件になるということです。
第二種電気工事士の試験と比較して難易度が高く、合格率が低いのが特徴でしょう。

2-3.第三種電気主任技術者の資格

第三種電気主任技術者は、誰でも受験できる資格です。
電気工学に関する学校を卒業していなければならない、といった規制もありません。
電気技術者試験センターの試験案内に基づいて受験申し込みを行い、所定の科目をすべて合格できれば資格取得となるのです。
試験難易度は一般的に高いと言われており、第一種電気工事士の試験問題に類似している部分もあります。
合格率は10%以下という難関資格なのです。

3.資格取得のための勉強方法

3-1.独学で勉強する

電気工事士や電気主任技術者の資格試験に向けた勉強法はいくつかあります。
まず、参考書を購入して独学で勉強する方法。
工業高校の電気学科を卒業している人や、電気設備にかかわる仕事をしている人なら、独学でも合格できる可能性はあるでしょう。
ただし、そうでない人が初めて資格試験に挑戦する場合は、独学では難しい部分もあります。
書店で自分にとって使いやすい参考書を選び、繰り返し過去問を解いていくことになるでしょう。

3-2.通信教育を利用する

「独学で勉強する自信がない」という人におすすめなのが、通信教育を利用した勉強法です。
電気系資格指導のプロが作成した教材を使い、DVDやスマートフォンでいつでも講座を受けることが可能なものもあります。
仕事をしながら資格試験を受ける人は、なかなか勉強時間を作ることができないでしょう。
しかし、通勤時間や休憩時間を有効活用して学習することができる通信教育なら、効率的に合格への道へすすむことができるはずです。
メールを使って質問を受け付けてくれるため、分からない問題もすぐに解決することができるでしょう。

4.まとめ

電気工事や電気設備に関する資格取得についてご紹介しました。

  • 電気工事、電気設備に関する資格の種類
  • 資格の取得方法
  • 資格取得のための勉強方法

「電気工事や電気設備に関する資格の種類について知りたい」「資格取得のための方法とは?」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

電験3種を最短合格!
DVD+スマホでいつでも学習出来る!30日間返金保証付!

SATの教材を使えば驚くほど短い学習時間で電験3種試験に合格できます。「学習時間の確保が難しい・・・」「勉強は苦手で・・・」など悩みの方に最適な教材です。 最短合格の秘密はこちら→

SATの教材を使い短期間で一発合格された受講生の声をご覧ください。受講生の皆さんが楽々試験をパスされていることが分かります。電験3種の資格取得するために苦労して勉強する必要はありません。あなたもSATの教材を使って楽々試験をパスしませんか?

業界初!安心のトリプル保証付き
1.全額返金保証!
2.合格するまでサポート無料!
3.長期破損保障!

最短合格の入り口はこちら